第二部 第参章 朱雀VS青龍篇(悠宇カラPARTY vol.1報告レポ)


[note]<歌った曲>

  • Still(萌芽)
  • 蒼い嵐(朱赤ちゃん)
  • Never Get Away(かなた)
  • 夜想曲(たかのちゃん)
  • 紅い伝承(サエコちゃん)
  • 震えてください(ayumiちゃん)
  • 風の旋律(朱雀さん)
  • 伝言(朱赤ちゃん)

[/note]

さて、パーティーも折り返し地点となりました。
第二部の前半戦は、タイトルからも察しがつくでしょうか、朱雀ソングと青龍ソングが入り乱れたカラオケをしていただきました~☆
そして咄嗟に思い付いた…というかその場のノリで「朱青歌合戦」に(爆)
突如、主催の気分で勝ち負けを決める争いとなったのでした……
審査員は、本日聴き専門のみなもんとうさちゃん♪
+この朱青争いに参加しないどもほさん。
3人の投票ということで、確実に引き分けは無くなった今、私たちは全力を尽くすしかない。
…というほどの熱気はなく(爆)、しかも朱赤ちゃんは青龍と朱雀両方歌ってもらうということで、考え無し&無計画さが露呈された企画でした(^^;
いいのです、気持ちだけあれば…
どーでもイイですが、第参章のタイトルを「青龍の逆襲篇」にしようか本気(と書いてマジと読む)で迷っていたのはここだけの話です。
だって、意外と青龍ソング多かったんだもん…でも、自分の嗜好が丸見えになるので…というか職権乱用になるので、やめておきました。
朱雀青龍平等にね。

ちょっと話が脱線してきた気がするので、早速順番にレポートしてきましょう♪
あ、はじめに言っておきます。カナリ私の妄想上の実況が加えられておりますがお気になさらずに。

「Still」
さて、引き続き萌芽縛り…というのはさておき(爆)
やはりトップバッターを飾るべきは我等が巫女様美朱様でしょう。
というワケで、美朱に歌っていただきました!
しかもタイミング良く、「Still」は青龍側の唯ちゃんの気持ちを逆撫でする歌(笑)
これは攻撃力十分ですね( ̄^ ̄)←って、そもそもそんな気持ちで歌ってないし(萌芽ごめん)

  

「蒼い嵐」
続いて、美朱に反撃するかのように、唯様による「蒼い嵐」が!
美朱の心に突き刺さるダークオーラが漂っています。
歌うのは普段は朱雀の翼宿派の朱赤ちゃん。
でも、青龍サイドにも好きなキャラがいるようなので、立派な青龍チームです☆
「朱青歌合戦(当日この単語はひとことも発せられてないけど、使いやすいのでコレでいきます)」は、巫女同士のぶつかり合いから幕を開けました。

  

「Never Get Away」
基本、前後の歌に繋がりを持たせたいという、ヘンな拘りがあったため(誰も気にしてないのに…自己満です)、唯ちゃんの次は朱雀ではなく角宿にしました。
そして、角宿といえば、前々から予告たっぷりしていた自分の番。
唯ちゃんとは別の意味で心に突き刺さるイタい曲でしたが(爆)、角宿好きの面子にかけて歌わねばと思っていたので、唯様お護りしますモードで(笑)熱気たっぷりに歌い切りました!
いいんです、猪突猛進馬鹿なところが好きなんですから。
そして、恐れ多くも合いの手『Never Get Away♪』は唯様…もとい朱赤ちゃんにやってもらいました☆
ぞーらいきみのため~♪(笑)←私も角宿同様、横文字が苦手なため…最後の歌詞が「ぞーらい」にしか聞こえずそのまま歌いました。

  

「夜想曲」
そして続いては…またまた朱雀はお休み。
断じて私の趣味では無いです!構成的に角宿の次は兄貴を入れるしか無かったんですっ!!
…必死に弁解すると、逆に疑われそうですが(^^;
兄貴を歌ってくれたのはー…私の心の中のリクエスト通りの方が歌ってくれました。
そう、同じく角宿を愛する(笑)たかのちゃんです。
たかのちゃんといえば、青龍双子同盟「ふたつの鼓動」を運営している生粋の青龍(特に双子)ラバーv
この闘いでたかのちゃんに朱雀の歌歌わせたら、私、間者として朱雀側に送り込む以外ありえません(爆)
さて、だいぶ朱雀にダメージを与えた頃だと思うので…そろそろ朱雀側からクレームがきそうなので…次は朱雀の方にお願いしまーす。

  

「紅い伝承」
次は、亢宿にとってはカナリ苦しい相手、ホンモノの(笑)張宿です。
そう、次の順番は「張宿繋がり」で組んでました。
浅はかですみません(--;
そんな朱雀側反撃の歌を歌ってくれたのは、既に周知の歌姫となったサエコちゃん。
これは手強い……
しかも、声が張宿っ!張宿が歌ってる!!
パーンと若々しく生きのイイ声が部屋中に響き渡り、先ほどまでの青龍カラーを見事に朱雀色に塗り替えてしまいました( ̄□ ̄;!!
マズい…このままだとヤラれちまう(by角宿)

 

「震えてください」
そこで投入したのは、青龍七星士の房宿。
歌ってくれたのは、先ほども「氷たちの自尊心」で房宿声だったayumiちゃん。
本日2回目の房宿ということで、かなり能力(ちから)の使い方に慣れてきていたので、これは朱雀を攻められるハズ。
しかも、彼女の母性溢れる「震えてください」は、あの心宿でさえも子どものように懐くというから(爆)朱雀七星士を直接手にかけるよりも強力な術となる…
これは、イケる…!!
このとき、青龍の勝利を確信した主催者であった。(主催のくせにやはり青龍贔屓)

  

「風の旋律」
そんな房宿の技を跳ね返すべく現れたのは、柳宿。
しまった!柳宿に房中術は効かない(><;
ということで、「房宿VS柳宿」の「七星士紅一点対決」としましたが、片方はオカマです。
しかも強力なことに、明日柳宿のコスプレをする朱雀さんが歌われたということで、もう完全なまでの柳宿でした。
その上「風の旋律」は知名度も高く、柳宿の生き様の歌ということで、青龍の誰も太刀打ちできない。
これは誤算でした……やはり、心宿なくして青龍側の優勢は無いのか(^^;
(本日、心宿は「心宿しっかりしなさい」の撮影のため、欠場です)

  

「伝言」
そして極めつけは……星宿による「伝言」。
はじめ、唯様として青龍側についていた朱赤ちゃんが最後は朱雀に!?
朱赤ちゃんは、星宿となって高らかに歌い上げる。
やはり、朱赤ちゃんは朱雀側の人間だったか……
(いや、主催が勝手にダブらせただけです。朱赤ちゃんに罪はありません)
しかもこれまで関係ない映像だったのが、「伝言」のときだけふし遊のアニメーション映像に切り替わった!
これは青龍側への嫌がらせか…(だから、誰のせいでもないって)
いやでも、星宿の歌のくせに星宿が全然映像に出てこない(笑)
やはりオープニングの使い回し映像は微妙やと思う。
朱赤ちゃんも言ってたけど、ふし遊DVDやビデオの映像特典にあった、ミュージッククリップを使ってくれれば良いのにね。

  

まぁそんな余談はさておき。
かくして、朱雀と青龍による長きにわたる約40分間の闘いは幕を閉じたのであった。
気になる勝敗についてはー……CMの後で!

……もちろん冗談です(爆)
「朱青歌合戦」の勝敗は、第四章で発表されました。
ということで、

→【第二部 第四章 何でもアリ篇】へ続く

第参章は、なにか…レポートと違うものが出来上がってしまいました(爆)
実際はこんな白熱はしておらず、皆で楽しく歌ってたとさ。ちゃんちゃん。
……ごめんなさい、文字上で勝手に闘いを繰り広げさせていただきました。
この文章はフィクションとノンフィクションが入り混じっております。
本当のところは、皆様のご想像にお任せします。若しくは参加者の方のレポートを信じてください。