渡瀬悠宇展イベントレポート日記(1)


行ってきました~渡瀬先生の原画展

まぁ、一時間くらいいました(少ない!?)

ホントは終わるまでいようと思ったんですが、

なんせお客が数人で(ずっと一人のときもあった)じっくり見られましたが、

だんだんその場にいるのがいたたまれなくなっちゃって…

…お昼の1時前には帰っちゃいました(–;)やっぱ平日は空いてますねー。

高校生がこんな時間に出歩いてるコト自体おかしいですからねー(爆)

今帰りの電車待ちしてるんですが、どうやら山手線が

信号故障起こしちゃったみたいで…急いで埼京線の方に走ってきました。

どうせ渋谷に来たんならどっかで遊んでけばいいのに…

…ってカンジだったんですが、何ゆえ早く家に帰って休みたかったもので。

GWは毎日休む暇がないからゆっくりしたかったのです。

それに、自分の小説の方を早く仕上げなくちゃと思ったのです。

そんなワケで、長居はできなかったのですが…。

その分しっかり目に焼き付けてきましたヨ♪

では、簡単に展示風景を紹介したいと思います。

まず渋谷パルコのPART1に行ってBF1にエスカレーターで降りました。

降りたところに、渡瀬悠宇展の案内の看板がありました…

…にも関わらず、迷いました(爆死)

そのフロアを丸一周してやっと発見しました。

ロゴスギャラリーというところです。

実を言うと、パルコに辿り着くまでがカナリ長い道のりでした。

みなさんご存じないと思いますが、私は‘超’方向音痴なのです。

運動音痴の遥か上をいってます。

そんな私が一人で渋谷に赴くとどうなるでしょうか…?

私は迷い尽くしていつか辿り着くヤツなのですが、

今回も例外ではなかったようです。

パルコに辿り着くまでに一時間は軽くかかりました(死)

もう、いつものことで慣れていたので焦りはしませんでしたが、

あの暑い中、ずっと歩き続けるのは結構苦痛でした。

何よりも排気ガスやら人混みの中の煙草の煙やらで呼吸するのが

辛かったです(x_x)

別に私は田舎に住んでいるワケではないのですが…(いや、田舎かな…)

悪いけれど渋谷の駅前の空気は汚いです。

しょうがないことなんですけれどね。

さて、話が脱線してしまいましたが、原画展の話題に戻ります。

入り口には「妖しのセレス」第一話のビデオ上映をしていて、

もちろんBS(WOW WOW)の見られない私はしっかり立ち見していました(笑)

入るとすぐに、お店の人が商品注文用紙と鉛筆のついたボードをくれて、

絵を閲覧しながら買うものを決めていました。

入り口付近から壁沿いにイラストを見ていたのですが、

まず最初に見たのが「妖しのセレス」のセル画。

片方は描き起こしのものでした。

どうやら複製セル画で販売されているようでしたが、

お値段のほうを見てみると…………一枚48,000円!?

納得な価格でしたが、やっぱり高校生のお金では到底買えないものでした。

角を曲がると壁に渡瀬先生の描いた「ふしぎ遊戯」直筆イラスト(非売品)が

展示してありました。

確かピンクを基調にしてた、いつかの巻頭カラーのイラストでした。

朱雀七星士と美朱が描いてありました。

壁の前にあったガラスばりの棚の中には、「ふしぎ遊戯」「妖しのセレス」の

オリジナルクリアファイルと「ふしぎ遊戯」のトレーディングカードBOX

(15パックセット)が販売されていて、棚の上にはサイン会の券を

先着100名様がもらえるという、テレカ二枚セットが販売されていました。

あ、それと「ふしぎ遊戯」のCGイラスト(渡瀬先生直筆サイン入り)が

売っていて、コレ欲しいな~と思っていたら15,000円…

今日もらったバイト代足しても買えるようなものではありませんでした(T_T)

その横には、妖しのセレスの直筆イラストが展示されていて、

これまた綺麗だなーと思いながら眺めてました。特に十夜が…。

いや、私は十夜ファンではないんですけれどね(最初は雄飛、次は珠呂、

そののちリニューアル明に惹かれた←謎…)そんな私が見ても、

彼はやっぱり美しい!と実感しました。

渡瀬先生の描く繊細なタッチを間近で見て、

思わず感嘆の声をあげたくなりました。

その隣には新連載の「イマドキ!」の巻頭カラーなどで使った原画などが

展示してありました。

遅ればせながらわたくしここで見るまで「イマドキ!」は

名前しか知らなかったのですが(爆)結構イイカンジですね(^o^)

その原画の前にあるガラス張りの棚には、今はもう生産中止されて

いるであろうふし遊グッズの数々が展示してありました。

その中であたしが持っているものと言えば、ラミカと下敷きとPPカードくらい

ですね^^; あの頃は小学生でしたから、グッズを買うお金が全然なかった

のです。今なら翼宿のイヤリングとか柳宿の腕輪とか、いろいろ買いたいの

ですけどね。

さて、また角にやってきまして、今度の壁にはふし遊のビデオジャケットの

セル画が展示してありました。どうやら販売しているようでした。

けれどやはり48,000円は痛い…このジャケットのイラストをよく書く北山真理

さんは、ぢつはファンなのですが(角宿のイラストを見て一目惚れ…)見てて

すっごい欲しくなっちゃいました(でも買えない)

それで結局原画展を一周しまして妖セレの第1話を立ち見してました。

今日買った品物を紹介しますと…

・オリジナルポストカード(原作) 一枚¥150

・オリジナルポストカード(アニメ) 一枚¥150

・オリジナルポスター 一枚¥500

・オリジナルクリアファイル 一枚¥500

以上です。

ホントはトレカBOXを買うか買わないかですごい迷ったのですが

(なんたって¥5000以上した…)結局その日は買うのを断念しました。

今思えば、あのとき買っとけば良かったと後悔しています。

その理由は5/4の日記にて…。