第4回『I wish…』

さて、予告どおり今日は、青龍サイドの曲を紹介したいと思います。
といっても、今回の曲は青龍CDには収録されていないものなのですが。

曲名:I wish…
作詞:柚木 美祐
作曲:清岡 千穂
編曲:山中 紀昌
歌:唯(冬馬 由美)
使用場所:倶東国で唯が美朱と鬼宿のキスシーンを目撃したシーン他(BGMのみ)

前回紹介した柳宿の歌と一緒で、テレビアニメ放送中のときに発売した「キャラクターズヴォーカルコレクション」9枚のうちの1枚、唯ちゃんのシングルCDに収録されていた曲です。
ちなみにこのヴォーカルコレクションは、美朱+朱雀七星士と唯ちゃんで9枚になります。
9枚購入して応募券で応募すると、非売品のCDをもらえたのですが……私は軫宿だけ手に入れられなかったので(第2回『わかっていたはず』の余談参照)、残念ながら手に入れられずでした(涙)

そんなキャラクターズヴォーカルコレクションですが、実はこの唯ちゃんのCDは、1番最初に買ったふし遊のCDなんです。
ちなみにOPとEDは、当時小学生の予算の関係上、アニメの曲をカセットテープに録音してありました(時代を感じます…)。
なぜ唯ちゃんのCDだったのかというと、単純に唯ちゃんが好きだったからです(笑)
当時ふし遊のキャラクターの中で1番好きなキャラクターだったかもしれません。
その次は、確か翼宿だったかな(私を知っている人には意外や意外だと思いますが)。
アニメイトで買ったふし遊の下敷きも、唯ちゃんのものだけ持っています。
なんでしょう…唯ちゃんに共感する部分があったというか、性格的に好きだったんでしょうね。

あ、なんか話が脱線してますね(汗)
まぁそんなわけで、おそらくふし遊ソングの中で私がリピートした回数ベスト5には入るであろうこの曲。
ここでもちょっと脱線して悠宇カラの話になりますが、ふし遊ソングがカラオケで沢山歌えるようになって嬉しやと思いきや、この唯ちゃんの曲だけなぜか入っていないんですよね(/_;)
青龍七星士の歌は入ってるのになんででしょう…?
まことに残念なので、今更ながら密かにリクエストしたいと思ってます。
特にこの「I wish…」は柳宿の「風の旋律」同様、キャラクターの心情がとっても伝わってくる歌なので、是非聴いてもらいたいし歌ってもらいたいです(><)

さて、この歌を知らない方にどんな感じの歌なのかご紹介しますと…
唯ちゃんの「青い星に願う、報われないラブソング」です。
青い星というのは、もちろん青龍の星のことですね。
まぁここで「ラブソング」というのはちょっと判断に迷うところなんですが。
というのも、この歌の矛先は鬼宿であり美朱なんですね。
唯ちゃんは、人買いから救ってくれた鬼宿にホノかな恋心を抱きながら、四神天地書を読んでいました。
そして、美朱と入れ違いになって本の中の世界に入ってしまい、倶東国で心も身体も傷付けられてしまいます。
それでも、親友の美朱を信じて待ち続け、念願の再会を果たしたのも束の間…美朱がこの世界に戻ってきたのは自分のためではなく、愛する鬼宿のためだったと知ったとき、自分の中で信じていたものが全て壊されてしまいました。
美朱にとって唯ちゃんも鬼宿も同じくらい大切だったのですが、傷ついた唯ちゃんには、2人の幸せそうな姿がどうしても許せなかったんですね。
その後の唯ちゃんの心境を歌った曲…と言ったら伝わりやすいでしょうか。

身よりもない異世界で、頼れるのは親友の美朱だったはずなのに、その親友に裏切られたとき、自分はひとりぼっちになってしまったと、孤独な思いに苛まれます。
青龍の巫女にも当初はなろうとは思わなかった。
美朱と一緒に元の世界に帰れさえすれば、自分の受けた傷も癒されると思っていた。
でも、それももう叶わない…
青龍の星に叶わないと思いながらも願い続け、問い続けてしまう。
決して明るい歌でも前向きな歌でもないけれども、この歌を聴くたびに当時の唯ちゃんの辛い気持ちを感じることができるので、私の好きな歌の1つでもあります。

「誰かを信じることは 傷つくことなのに」
「愛を覚えるたび 人は弱くなっていく」

朱雀が「光」だとしたら、青龍は「闇」だったかもしれません。

第3回『風の旋律』

すみません!!(-^-;
始めて3日で締め切り破りました(爆)
ということで、日付は変わりましたが5/8分の記事アップです。(記事上は5/8に詐称してますが)

第3回は、私も好きな歌ですが、それでなくとも、ふし遊ファンの中で好きな方が多い曲をご紹介します。
柳宿のキャラクターソング「風の旋律」です。
「かぜのうた」と読みます。
しばらくの間はずっと「かぜのせんりつ」だと思ってました(爆)

この歌は、キャラクターソングの中で1、2を争うほどの知名度だと思います。
それは、言わずもがな、テレビアニメの「第33章 柳宿、永遠(とわ)の別離(わかれ)」の回をご覧になった方にはお分かりになるでしょう。
実はこの歌は、柳宿が亡くなったときのエンディングテーマ曲として使われたものなんです。

曲名:風の旋律(うた)
作詞:柚木 美祐
作曲:家原 正嗣
編曲:戸塚 修
歌:柳宿(坂本 千夏)
使用場所:ふしぎ遊戯TVアニメ柳宿戦死の回のエンディング曲

さて、私自身この歌を初めて聴いたのが柳宿の亡くなるところだったので、どうしてもそのイメージがわき上がってしまいます。。
というのも、歌詞や曲調を聴いても柳宿の鎮魂歌に聞こえてきてしまうのです。

青龍七星士・尾宿との闘いを終えて、命を散らした柳宿。
その散り際はとても静かで、しんしんと雪が降りしきる北甲国で
使命を全うした柳宿の走馬灯のような台詞が歌われています。

妹・庚琳の死によって、女として生きることを誓った幼少時代。
後宮で朱雀の巫女・美朱と出会い、朱雀七星士・柳宿として生きることになった青年時代。
はじめは星宿に近付こうと行動を共にしてきた柳宿だったけれども、次第に美朱や他の七星士にも惹かれ、七星士としての誇りを持ち始めます。
そして、旅路の途中、美朱と鬼宿へ女になった理由を話し、そろそろ潮時だと長い髪を断髪した柳宿。
尾宿から美朱を助けたとき、命がけで美朱を護りたいと思った柳宿は、そのとき男として美朱を想っていることに気が付きます。
歌詞の中に「生まれてきた意味を知った」という内容のものがあるのですが、朱雀七星士として人生を全うした柳宿の力強い決意の想いを感じた歌でした。

そういえば、この企画でキャラクターソングを紹介するのは本日が初めてなのですが、本当に歌い手の方(声優さん)は、キャラクターと一心同体となって歌ってらっしゃるなぁと、歌の良さは勿論のこと、歌い手のハートの部分にも感動しました。
特に「風の旋律」は、死期を迎えた柳宿が静かに歌い始め、後に感情が昂って決意をあらわに力強く歌い上げる様は、本当にそこに柳宿が居て歌っているように思えました。
これは、主題歌や挿入歌とはまた違った魅力があるなぁと思います。

さて今日は、殆ど歌詞など引用せず思ったままを綴らせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。
明日…というか今日は、青龍ソングを聴きたいと思います♪

第1回『いとおしい人のために』

第1回ということで、やはり始まりはオープニングテーマから書いていきたいと思います。
もう皆さんご存知かと思いますが、まずは楽曲情報から。

曲名:いとおしい人のために
作詞:青木 久美子
作曲:清岡 千穂
編曲:矢野 立美
歌:佐藤 朱美(さとう あけみ)
使用場所:ふしぎ遊戯TVアニメのオープニングテーマ曲

いわずと知れた、ふし遊のOP。
私のふし遊との出逢いもこの曲からです。
昔何度も自宅のピアノでこの曲を弾いたか知れません。(しかも耳コピ)
番組におけるオープニングテーマ曲というのは非常に重要で、特にその番組の存在を初めて知った者にしてみれば、オープニングの印象でその後見るか見ないか決めるといっても過言ではありません。
その点でふしぎ遊戯は、映像も「いとおしい人のために」の曲も非常に惹きつけられるものがあったのです。
私自身、たまたま付けたテレビのチャンネルでふしぎ遊戯のオープニングが始まったときに、何かを感じてそのまま本編を見てしまったひとりです。
では、そんな不思議な思いを抱かせる力の源は何なのでしょうか。
それは、どこか神秘的なメロディと、それに重なるように神秘的な声色で歌われる佐藤朱美さんの歌が大きく関わっていると思います。
そして、今思えば歌詞も非常に印象深いのです。
特に最初と最後の歌詞は皆絶対忘れないでしょう。
「舞い上がれ 朱雀 ミラクル・ラー」
「無限へと開け ふしぎ遊戯」
“朱雀”から始まり“ふしぎ遊戯”で終わる、非常に作品世界が刷り込みやすい歌詞です。
加えて1番も2番も、AメロBメロは、ふしぎ遊戯の物語をまさに「物語っている」気がします。
「伝説が動き出して 本当の私が広がる(遠く響く我愛イ尓)あなたに導かれて(目覚めてゆく魂)光りだす もう1つの世界」
「天と地の間にある めくるめく冒険に夢中 (笑顔見せてイ尓好口馬)あなたに見守られて(愛は光る星座)思い出す もう1つの奇蹟」 
いかがでしょう?
ふし遊の話を知っている人なら、きっとご納得いただけると思います。
これは美朱の冒険なんですね。
四神天地書の朱雀の伝説が動き出して、導かれるまま異世界にやってきた美朱。
2番では、七星士探しの冒険へと繰り出す中で、大切な人に見守られながら奇蹟を願う…
サビでは、美朱の想いが綴られています。
「いとおしい人のために 今何ができるかな 叶わない夢はないよ まっすぐに信じてる」
「一生一度の出逢い 魂に刻んでね どんなときだって愛は 救いだと思うから」
先日購入したCD『ふしぎ遊戯全曲集~歌曲天地之箱~』の歌詞ブックで、作詞家の青木久美子さんも書いていらっしゃいましたが、「いとおしい人のために、今何が出来るだろう」それは、この作品に限ったことではなく、私たちにも当てはめられること。
自分にとっての“いとおしい人”へ、大人になった今だからこそ何が出来るか考えてみたいなぁと思う今日この頃です。

さて、第1回紹介ですが、相も変わらず上手くまとまっていなくてスミマセン(^^;
過去にメルマガでふし遊ソングについて特集していたことがあるので引っ張り出してこようと思ったのですが、残念ながら度重なるPC損壊によりデータが藻屑となっていました(苦笑)
なので、あらためて今の私がふし遊ソングについて思ったことを書いています。
もしかしたら、メルマガで書いていた10年前と変わらない部分もあるかもしれません。
それはきっと、自分にとって譲れないものなんだなと思います。
それでは、明日の第2回へ続く!

第2回『わかっていたはず』

第2回は、私の好きな歌その1です。
完全に職権乱用して趣味語ってるコーナーですココは(爆)

曲名:わかっていたはず
作詞:佐藤 朱美
作曲:清岡 千穂
編曲:土屋 真奈部
歌:佐藤 朱美
使用場所:ふしぎ遊戯TVアニメの挿入歌

さて、本日ご紹介する「わかっていたはず」は、昨日の「いとおしい人のために」と同じ、佐藤朱美さんが歌っていらっしゃいます。
また、作曲も同じく清岡千穂さんがされています。
透き通る声はそのままに、また雰囲気の違った歌い方、曲調です。

この歌を聴いてどうしても思い出してしまうのが、白虎の2人です。
白虎の巫女・鈴乃と白虎七星士・婁宿。
アニメで、2人の切なくも堅い絆の話が出たときに必ずといっていいほど流れていたこの曲。
歌詞も、もうそのまんま!というほどの想いのこもった詞が書かれています。

「通り過ぎる 恋人たちの笑い声 胸を締め付ける
雨上がりの週末の午後なのに 私ひとり街を歩く 傍にいたいのに」

元の世界に戻った鈴乃。
外は晴れ渡って、お出かけ日和の休日なのに、隣には愛しい人がいない。
周囲は当たり前のように、恋人たちが笑い合い寄り添っている。
傍にいたいのに彼はいない。

「そんなことわかっていたはず 好きになればなっただけ苦しむこと
切ないね わかっているのに 想っているあなただけをこんなに 会えないときも」

鈴乃と婁宿のイメージが1番強いですが、もちろん美朱と鬼宿の関係もこの曲で思い出します。
特に、西廊国に来た辺りから、まるで鈴乃と婁宿の話と重なるように、この2人も一緒になれないことを知り、それにつれてこの曲が使われる頻度も非常に多かった気がします。
いまだにサビを聴くと本当に泣きたくなります(/_;)
とても綺麗なメロディーなのですが、歌詞が切な過ぎて…。
好きになっても一緒になることができないとわかっていながらも、想うことをやめられない。
その気持ちが痛いほど伝わってきます。
だから2番でも、会えない相手に対してより一層強い想いが歌われています。

「どんなときも一緒にいてほしいなんて 思っちゃいけないと
抑えていた私の心の声 止められずに今も溢れそうで苦しいの」

心の奥底で留めておこうとした切望も、思いが強過ぎて胸が苦しくなってしまう。
「どんなときも一緒にいてほしい」という気持ちは、恋をした人なら誰しも持ったことがあると思いますが、ここでは、一緒にいられないからこそ、より一層気持ちが膨らんで、願いも大きくなってしまうんですね。

「私にはわかっていたはず 愛したって独り占めできないこと
でも今は大切な想い 私だけが見える真実(ほんと) 信じて愛し続ける」

「会いたい 会いたくてしょうがない」それだけを歌った歌なら、そこまで感動しなかったと思います。
最後のフレーズを聴いて、なんだか報われた気持ち、そして底知れぬ感動を覚えました。
それは、好きになっても一緒になることができないとわかっていたけれども、愛した相手を信じて想い続けることで、共に生きていける!と、強く決心した姿が見えてきたからです。
それが、この歌がただの悲恋歌にならずに、前向きに生きていく主人公の歌になりました。
同時に、魂で繋がっている恋人の姿も想い描けたのです。

歌の解釈は人それぞれですが、私は切ないながらも光を見い出すところを気に入って、ベストソングに選ばせていただきました。

……ここで少し余談を。
昨日のときもそうでしたが、歌詞カードを見ずにイントロの時点で、歌詞をブラインドタッチで打ててしまう自分のヲタクぶりに改めて脱帽します。
(歌詞カードをいちいち確認していないので、おそらく漢字とか振り仮名はところどころ違うと想います)
テレビアニメの曲だったら、軫宿以外は(爆)おそらくこんな感じで打てると思います。
軫宿以外は…というのは、別に軫宿が嫌いなワケではなく、テレビアニメ放送中に、ふしぎ遊戯キャラクターズヴォーカルコレクションというキャラ別のシングルCDが発売したとき、順調に集めていっていたのですが、なぜか軫宿だけ売り切れていて手に入らなかったため、他のキャラソンと比べて聞き込んでいないからです(^^;
それ言ったら青龍ソングもそうなんですが、青龍ソングは私自身が青龍派の人間なので、こちらはすぐ覚えました(笑)
あ、もちろん朱雀も好きですよ♪

それでは、今日は私の好きな曲を選ばせていただきましたが、明日は皆さんに人気のある曲について書かせていただきたいと思います。
お楽しみに♪

更新情報(2010/5/5)

かねてから構想していた「悠宇カラPARTY」と「ふし遊オンリーイベント」に向けての期間限定企画を、明日から開始します☆

その名も“ふし遊ソング”紹介!
名前も何もあったものじゃありませんが(スイマセン…バタバタしてて、気の利いたネーミング考えられずでした(ーー;)、タイトルそのまんまです。
しかも本当はキリ良く5/1から開始予定だったのですが、案の定仕事でバタバタしていたため断念( ̄^ ̄;)
これから「悠宇カラPARTY」までの51日間、できるだけ毎日1曲ずつご紹介できればなと思っています。
(おそらく毎日執筆する時間は無いので、フライングで予約投稿すること必至ですが…)

ふし遊ソングについて、あんまり詳しくない方には親しんで興味をもっていただければと思います。
また、もうバリバリ知ってるよって方には、再びふし遊ソングを聴きなおしていただきながら、思い出に浸っていただければ嬉しいです。
かくいう私自身も、久々にふし遊ソングと向き合います。
もし、紹介した曲の中で、印象に残った曲がありましたら、宜しければコメント残していただけると幸いです♪

それでは、イベントまで残り2ヶ月弱、私なりに盛り上げていきますよ〜(><)
ということで、まずは今まで何だかんだで買っていなかった「ふしぎ遊戯全曲集~歌曲天地之箱~」をAmazonで購入☆
(前にTVアニメのベスト版を買ったので、殆ど曲被ってるんですけどね)
そして、アニメを1話から見返してます~♪

渡瀬先生特別お茶会レポート

ふしぎ遊戯パーフェクトワールドvol.3&4企画
【渡瀬先生特別お茶会
2005.4.23

お茶会後にスグ書こうと思ってたのに、気付けばvol.5発売日。
もう1ヶ月も経っちゃいました(^^ゞ
馬鹿だ〜〜!!レポートひとっことも書いてない〜〜(滝汗)
なんとか、途中までの覚書は、当日携帯のメモに残しておいたので、
それを元に思い出しつつレポしていきたいと思いまっす。
&一緒にお茶会に参加した菜緒ちゃんがレポを早々にアップしてくれたので、
それを読みつつ思い出しながら、書かせていただいちゃいました。
菜緒ちゃんありがとぅ(>_<)


【目次】
★第1章 お茶会応募秘話
★第2章 お茶会当日までの葛藤
★第3章 お茶会前夜〜直前
★第4章 お茶会本番
★第5章 お茶会終了、プチ反省会
★第6章 お茶会帰宅…残り香
★編集後記
★お茶会参加者の方へメッセージ 詳細を見る

悠宇とぴあオフ会【第1回 関東オフ】

今日は、我が悠宇とぴあの関東オフ会がありました〜☆

参加者総勢11名!…予想以上っす(^^;)

詳しいオフレポは、公式ページでは書けないんですが、

なんとか無事終了したことをご報告〜!

今回は公開オフ会だけあって、オフメンバー以外からも

参加して下さる方がいらっしゃいました。

でも、公開オフにして良かったです。

ちょっとでも浸透したって事ですから!

さてさて、これで関西オフも関東オフも終わらせることができましたが

次回はーーーーーーーーーー未定です(爆)

特に公開オフに至っては、今後開催するかさえわからないので、

もし、オフ会に行きたい!って方は、

是非オフメンバーに登録して下さいね〜。

あたしもあと1年、学生という比較的フリーな身分なんで、

日本国内なら、参加者さえいればどこへでも飛びますから!

ちなみに関東オフは、東京・池袋で行われました。

何をしましたのかというと、

10:30 池袋駅集合

11:15 デニーズでお食事会

13:15 歌広場でカラオケ

18:00 ロッテリアで雑談会

22:30 解散

です。

勿論、皆さんが最後まで参加されたワケではありません。

段々とお別れをしていき、最後は数人でひたすらダベってました。

最後の雑談会なんか、ほぼ管理人の独壇場でした。

それでも構わない、という方は是非ご参加下さいませ☆

それでは、また次開催できることを祈って♪

参加された皆様、お疲れ様でした〜。

2005.3.21

ふしぎ遊戯オンリーイベント【キミに胸きゅんキュンキュン♪】

 今年も参加しましたよ、ふし遊オンリー☆★

去年はオンリー初参加(売り子も初参加)ということで、分からないこと&未知の世界だらけでしたが、

今年は違います!

去年あんなにハズかしかったチャイナ服も、今年は顔色ひとつ変えずスグに更衣室に

直行しました。キャラのコスは去年同様しとりません。

(このままいくと、いつかレイヤーになりそうで危ぶまれますが…)

レポを書こうとも思ったのですが、オンリー前後1週間で、我が「悠宇とぴあ」の

関西オフ・関東オフが開催されたので、そのレポに精一杯で(まだどっちもできてない…)

オンリーは感想文ということで許して下さいまし。

レポについては、色んなオンリー参加サイトさんが書いてらっしゃるようなので、

見に行ってみるのも良いでしょう。

★オンリー公式ホームページ(PC版・携帯版有)

ふしぎ遊戯オンリーイベント☆

ふしぎ遊戯オンリーイベント来年も開催決定!今年も夏涛参加しましたvv同人誌即売会、コスプレ参加などがあります。

★夏涛が売り子参加したサークル

ARCADIA

★夏涛が本やグッズを買ったサークル

『青龍祭』青龍好きのためのお祭同盟!青龍贔屓な夏涛も参戦してます☆水の記憶

★夏涛がお世話になった人

井宿遊戯詩泉堂

★夏涛がお会いした人

烈火炎上圏

新翼の都
さてさて、今日は兼ねてから悠宇とぴあでも宣伝していた、

ふしぎ遊戯オンリーイベント「キミに胸きゅんキュンキュン♪」

参加してきました〜!

去年もARCADIAの売り子として参加させていただいたんですが、

今年は行けない可能性大!とか言っときながら、

フツーに参加しちゃってました(爆)

しかも今年は、ARCADIAとアメンクラプシ2つのサークルさんで

売り子をするという恵まれた環境に堂々と居座る事ができました(笑)

ちなみに、ARCADIAは、

我が悠宇とぴあのスタッフであり、大事なお友達の

萌芽の個人サークル、

アメンクラプシは、

悠宇とぴあオエビの常連さんであり、ココ1年で急速に仲を煮詰めた(笑)

ダダちゃんの個人サークルです。

夏涛は、この2人の絵の大ファンだったので、

そんな2人のサークルで売り子できるなんて、

願ったり叶ったりでしたよ〜っっ(*>_<*)

しかも去年参加して、グッズを売りながら色んなふし遊ファンと

交流できる楽しさというか快感?(爆)を覚えてしまったので、

今回も人様のサークルさんにも関わらず、

お客さんに手当たり次第声掛けまくっちゃってました(爆死)

お喋りかなたの餌食になってしまった哀れなお客さん、

多分ココ見てないだろうけど、本当にすみませんでした〜…

さてさて、あたしにはオフレポというものが2つ既に溜まっているんで

(悠宇とぴあの関西オフと関東オフのです…)

今回は感想とかで勘弁して下さい(ーー;

オフレポは色んなサイトさんのモノを見ていただければ

よくお分かりになるかと(爆)

でも、とりあえず夏涛の前日からの行動履歴だけでも書いときますね。

■19日(土) オンリー前日

6:00 夜勤バイト終了(実はこの日でバイト辞めました)

7:00 帰宅、養成所の宿題取り掛かり

14:00 帰省支度

14:20 家出発

14:50 養成所到着、宿題取り掛かり(まだ終わってなかったんかい!!)

15:30 養成所授業開始

18:00 養成所授業終了、ダッシュでバイト面接先へ

18:45 15分遅刻して新しいバイトの面接。即決まり。

19:45 駅構内で夕飯購入、大阪駅出発

22:00 大垣駅到着、極寒の中1時間待機

23:00 ムーンライトながら臨時夜行 大垣駅出発

■20日(日) オンリー当日

4:45 ムーンライトながら臨時夜行 東京駅到着、つばさちゃんと合流

5:00 東京駅のコンビニで、昼ご飯買う

5:45 浅草駅到着、松屋で朝ご飯

6:30 マックでジュース買ってねばる。途中で愛花ちゃんと合流

9:30 コンビニでオンリーの差し入れお菓子買う

9:50 浅草駅でダダちゃんと合流

10:20 オンリー会場前で萌芽と合流、入場

<—あとはオンリースケジュール通り—>

24:00 帰宅、就寝

金曜からマトモに寝ずの参加でした〜(爆)

いや、夜行電車でちょこっと爆睡しましたが(笑)

オンリーの翌日も関東オフがあったので、結局22日は、

17時間睡眠、という眠れる森の美女もビックリな

爆睡記録を生み出しました(爆死)

22日夜、母親に「今日って天気悪いんだよね〜…」とベッドの中で言ったら

「今日はって、今日はもう終わりだよ」と言われ、時計を見たら

スッゴィ時間になってました(苦笑)

とまぁ、脱線はこれくらいにして、オンリーの感想をば。

今年はコス多かったですね〜。去年も多かったらしいっすが。

あたしも去年に引き続きコス登録したんですが

(と言ってもチャイナですヨ…売り子制服です(爆))

主催さんに聞いたところによると、

どうやら今年は登録証が足りなくなるほどの量だったそうで…

確か60〜70人くらいだったかな。

通常イベントならまだしも、オンリーイベントで、しかもあの会場で

あれだけのコスがいると、本当にすごかったです。

会場の半分がコスしてたといっても過言ではないくらい…

やっぱり皆さんも言ってらっしゃるように、玄武効果でしょうか。

これで白虎の連載が始まったときのこと考えると……

会場が大変なことになりますね(爆)

来年は事前登録制になるっぽいですよ。(まだ行われるかも決まっていないですが)

去年初めてオンリーイベントに足を踏み入れたときは

カナリ衝撃でしたが(勿論イイ意味で)、さすがに2回目ともなると

慣れてしまったというかなんというか(爆)

同人活動とはあまり縁が無いにも関わらず、知らず知らずのうちに

感化されて(同化?)しまってきている自分に気づいたりします。

いやでも多分自分は、これから先もふし遊のイベントだから

参加するって感じなんでしょうが。

(時間があったら、オンリーで知り合ったサークルさんやレイヤーさんの

参加されているイベントにも行ってみたい気もしますが)

今年は2回目参加ということで、去年知り合った方と再会するも、

全然話せなかった方や、去年はあまり話せなかったのに

今年また会うことによって、前より仲良くなることができた方など

色んなことがありました。

また、初めてオフでお会いしたサイトの管理者の方、

悠宇とぴのお客様など、新たな出会いもあって、充実した1日でした。

私的に、去年スレ違いで会えなかった、みなもんと出会え、

双子同盟でお世話になっているたかのちゃんに出会え、

その繋がりで風月さん、kuleeさんに出会うことができて

嬉しかったです☆☆

(特に風月さんとはなんだかんだでいっぱぃ話しちゃったv青チャイナ同士vv)

そして、ARCADIAと合同参加繋がりで、舞さんやMAKOさんたちと

お話&写真撮れたのも貴重vv

2人ともイケてました(笑)

舞さんとは、お茶会や打ち上げ始めの方でお喋り付き合って下さって

感謝感謝〜です☆すっごぃ話しやすかったっす(>_<)

あとは、昔悠宇とぴにお絵描きして下さったuenoさんから、

声を掛けていただき、しかもまた来て下さるなんて嬉しいお言葉までいただき

舞い上がってました〜v(いやはや、綺麗な絵を描く方なんで余計に)

ヘビー常連(笑)だった朱赤ちゃんとお友達と今年も会えて、

ちょっとだけどお話できたのも嬉しかったです。

1年に1回だし、もっと話したかったな〜。

あとは、しょっちゅう目についた(爆)氏宿(正式な字はでないんで許して)コスの人と

何度かお話する機会に恵まれたり(写真も撮っちゃいました。

実は夏涛は隠れ氏宿ファンだったり…)、お茶会の時に、

すっごぃ綺麗なあみすーを描くサークルさんに出会ったり、

(本は完売しとったみたいで手に入りませんでした…残念!)

売り子中に角宿好きさんに出会ったりと、楽しいことだらけでした。

今年は、お金が無かったので(切実に…実は今も家賃が払えない気がして

汗水たらたらです…)、サークルめぐりはしなかったのですが、

(いやだって、サークルの前来ちゃうと、否が応でも買っちゃいますから!)

それでも色んな方とお話できたんで、ホント良かったです☆

売り子なのに、自分のサイトの話とかしとってごめんなさいm(_)m

しかもダダちゃんなんて「悠宇とぴあわかります?」とかお客さんに

聞いてくれてたし!!(感謝)

結局、サークルさんは青龍祭のトコだけ寄らせてもらいました。

(いや、どうしても青龍派人間としてハズせなかったので)

ARCADIAは、やっぱり老舗(!?)だけあって、去年からのお客さんとか、

買いに来るたびに「いつも『ARCADIA』のサイト見てますv」

ラブコールが沢山あって、「やっぱ萌芽はスゴいなぁ〜…」と

今年も思わされました。

目玉商品が間に合わなかったのが残念だったなぁ〜でも本当にお疲れ様でした。

ダダちゃんトコは、初参加にも関わらず大盛況で、

本人もビックリしてるようでしたが、まぁ、あたしは当然だなと(笑)思ってました。

あんな素敵な絵を描くダダちゃんを悠宇とぴあがほぼ独占(爆)していてよいものかと

マジラッキーだなぁといつも思います。

こんな2人の売り子ができて、ホントのホントに幸せでした。

自分はなんも描いてないのに、我が物のように売りさばいてましたよ(笑)

ちょっとでもお役に立てたのなら嬉しいです。

今年はコス写真とかはあまり撮って回らなかったんですが

きっと皆さんがアップしてくれるから別にいいかなと(爆)

(しかも去年は折角撮ったのにデータ全消去…)

でも、お知り合いさんのコス写真はおさめさせていただきました〜。

打ち上げでは、去年も打ち上げで隣だったスタッフのオネー様(彩木凛子さん)と

酒に吸い寄せられて(爆)再び出会い、近くにいらっしゃったスタッフの方々と

仲良うさせていただきました〜v

今日ほど酒好きで良かったと思わされたことはありません。

酒呑み万歳!(爆死)

気づけば冷酒の瓶が6〜7本並んでました。

いや、ちゃんと成人してますからね、あたし(笑)

しかも、主催さんが最初座ってらした席にずっと座らせていただいてて

恐縮極まりない…。

みなとさんとも、今年はちょこちょこお話できて嬉しかったです〜v

相変わらず可愛らしかったv

あとは、司さんにもよくしていただきました〜。

ホント綺麗な顔立ちしてまして、惚れ惚れしてました。

それとそれと、なんと、すっごぃおっきな某劇団の方に

お会いすることができ、しかも公演のチラシもらっちゃって

すっごぃラッキー!!

今まで劇団の知り合いなんて、アマでしかいなかったので、

(自分もアマ所属してたんで)

マジ嬉しかったっす!東京公演だけどGWだし、養成所無かったら絶対行きたいっす!

打ち上げもあっとゆー間に終わってしまい、もっといっぱぃお話したかったです〜…悲しい。

そうは言っても、明日(21日)は悠宇とぴの関東オフ会だし、

幹事のあたしがチコッキーになるワケにゃいかんので

(関西では見事にチコッキーになりました…(^^;)

潔く打ち上げ後、お別れ致しました。

悠梨さんが、別れ際気にかけて声を掛けて下さったりと、

本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

そしてそして、今回こそ、角宿&唯好きの秦野さんといっぱぃ話すぞ〜!と

決めていたのにあまり話せなかったのが、残念でした〜…。

もし来年お会いすることができたら、今度こそ!

そして、夢幻廻廊の広瀬さんにはイベント中声を掛けて下さって、

その上、恐れ多くも餌付け(爆死)なんぞしてしまってすみません〜っっ

一方的にコッチが知っているだけだったらどうしよう〜!!

と思っていたので、ちゃんと私のこと知ってらしたみたいで

嬉しかったです。

次お会いできたのなら、もっと絡んでやって下さい〜☆(笑)

最後に、売り子としてあたしに居場所を与えてくれた、萌芽、ダダちゃん、

そして、悠宇とぴお客さんのネギちゃん、つばさちゃん、緋桃ちゃん、eltamaくん、愛花ちゃん、明日もよろしくね〜☆

同人活動してない自分にとって、あなたたちが数少ない知り合いでした〜。

知り合いがいると、やっぱ参加しやすいもんね(^^)

今年もとっても楽しいイベントでした。

また来年もあれば…是非参加したいです。

(その時は是非、朗報を皆さんにお聞かせしたいものです)

そうそう、楽しくてスッカリ忘れてましたが、

今回すっごぃお騒がせしてしまいました……

事件起こしました。

その名も

「財布&携帯・PHS+青龍祭で買った本と

ラミカ+オンリーパンフの入ったバッグ失踪事件」

最悪でした…。

本気で青ざめて、最初はダダちゃんとかみなもんとかに探すの手伝ってもらい、

最後は神頼みで主催者のみなとさん、悠梨さんに泣きつき、

スタッフの方々に探していただくという羽目に陥りました。

ホント迷惑掛けまくりです(苦笑)

見つかりましたけど。

他サークルさんの椅子の下にあったというオチです(爆死)

もう2度と手放しませんよ!…と心に決めながらも、

その後も何回か「あれ…どこ?」的なことがありました。

結局どこへ言ってもトラブル起こさずにはいられないヤツなんだな〜と

再認識した1日でした。

改めてお世話になった方には、サイトなりなんなりでご挨拶に伺おうと思いますです。
2005.3.20

心宿のお店

101116_0842~0001

本日は心宿の誕生日ということで、前に気になって撮り置いていた看板を掲載します。

調べてみたらいかがわしいお店でしたので(爆)興味のある大人の方だけどうぞお調べくださいませ( ̄- ̄)

心宿の経営するリラクゼーションっていうと、やっぱり気弾とかはなって血行良くする、とかなのかな(笑)

街角で見つけたオモシロ看板でした。

ということで、心宿さん、お誕生日おめでとうございます!

高松塚古墳・キトラ古墳壁画(大阪府河南町)

「壁画古墳の流れ―高松塚とキトラ」近つ飛鳥博物館・企画展
実施期間:平成15年10月7日(火)―12月7日(日)

今日はお友達と高松塚古墳・キトラ古墳壁画の企画展を見て来ました〜♪

高松塚古墳」「キトラ古墳」は共にふしぎ遊戯で知られる四神・二十八星宿が古墳内部に描かれている日本の重要文化財です。

なんかたまたまウチの近くでこんな企画展やってたから是非行ってみようってことになってね。
実際の古墳がある場所とは全然離れている場所なんだけども、なぜかこの地域は“近つ飛鳥”と言われていて、飛鳥時代に縁の深いところなのです。
聖徳太子のお墓とかが近くにあるしね。
まぁそんなワケで、この前明日香に行ったばっかだけど、また壁画さんとお会いできるとは嬉しいことです…。

この企画展は12月上旬までやってるから、もし大阪に住んでる人がいたら見に行ってみると面白いかもです。
でも、わざわざココまで見に来るくらいなら、実際に飛鳥行って古墳見て来た方がイイかもって気も…(爆)
あたしはまだキトラ古墳(朱雀壁画が潰れてない方)には行ったことないので、次回の写真館はキトラになるかな?(まだ未定っすけど…)

Calendar

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031