「悠宇悠宇写真館」カテゴリーアーカイブ

心宿のお店

101116_0842~0001

本日は心宿の誕生日ということで、前に気になって撮り置いていた看板を掲載します。

調べてみたらいかがわしいお店でしたので(爆)興味のある大人の方だけどうぞお調べくださいませ( ̄- ̄)

心宿の経営するリラクゼーションっていうと、やっぱり気弾とかはなって血行良くする、とかなのかな(笑)

街角で見つけたオモシロ看板でした。

ということで、心宿さん、お誕生日おめでとうございます!

高松塚古墳・キトラ古墳壁画(大阪府河南町)

「壁画古墳の流れ―高松塚とキトラ」近つ飛鳥博物館・企画展
実施期間:平成15年10月7日(火)―12月7日(日)

今日はお友達と高松塚古墳・キトラ古墳壁画の企画展を見て来ました〜♪

高松塚古墳」「キトラ古墳」は共にふしぎ遊戯で知られる四神・二十八星宿が古墳内部に描かれている日本の重要文化財です。

なんかたまたまウチの近くでこんな企画展やってたから是非行ってみようってことになってね。
実際の古墳がある場所とは全然離れている場所なんだけども、なぜかこの地域は“近つ飛鳥”と言われていて、飛鳥時代に縁の深いところなのです。
聖徳太子のお墓とかが近くにあるしね。
まぁそんなワケで、この前明日香に行ったばっかだけど、また壁画さんとお会いできるとは嬉しいことです…。

この企画展は12月上旬までやってるから、もし大阪に住んでる人がいたら見に行ってみると面白いかもです。
でも、わざわざココまで見に来るくらいなら、実際に飛鳥行って古墳見て来た方がイイかもって気も…(爆)
あたしはまだキトラ古墳(朱雀壁画が潰れてない方)には行ったことないので、次回の写真館はキトラになるかな?(まだ未定っすけど…)

高松塚古墳(奈良県明日香村)

ふし遊ファンの皆様もよぉっくご存知ナ「高松塚古墳
ひょんなことから行くことができました。
飛鳥にはずぅっと行きたいと思ってたけど、やっと念願が叶ったってカンジ。

高松塚古墳は、古墳の中には入れなかったけど(中にある壁画が損壊してしまうのを防ぐため)、
壁画館で四神の壁画を見てきたよv
朱雀を除く、青龍白虎玄武。天井には二十八星宿の図。
マジふし遊そのまんまだわ!(感激)
そして星宿の広場。
ここってふし遊14巻(第二部)に出てきたよね?
美朱たちが行った高松塚見学の時に。
思わず「おぉっ!!」って思っちゃった(*^ー^*)

高松塚古墳は結構広い場所だったよ。
周りにはイッパイ植物が溢れてて、綺麗にされてた。
これでふし遊ワールドにまた一歩近付けた気分なのvv

玄武洞(兵庫県)

genbu

私が城崎温泉(兵庫)に行く途中に偶然見つけた「玄武洞」駅。
最初ビビりまくっちゃったよ!!
予想外のできごとに持っていたデジカメをすぐに構え、できる限りズームで通り去る直前に
激写した一枚。
もしかしてもしかしなくてもこのホームの先の山はあの「玄武洞」だったりする!?
な〜んて妄想しながら一人旅してたよ。

今度、「玄武洞探検ツア〜」なるものを実施します、絶対!

ちなみに、「玄武洞」を知らない人のために簡単に説明すると…

「玄武洞」
四神天地書の訳者・奥田永之介の娘・多喜子が巫女となって召還した神獣「玄武」が
現実の世界に飛び出そうとした場所。
それと同時に、永之介が神獣進出を阻止するために多喜子を殺し、自らも自殺したという
いわくつきの場所。