「イベントレポート」カテゴリーアーカイブ

ミュージカル『ふしぎ遊戯~朱ノ章~』キャスト一覧

このページでは、ミュージカル『ふしぎ遊戯~朱ノ章~』のキャスト情報をまとめたページです。
公演情報については、ミュージカル『ふしぎ遊戯~朱ノ章~』公演情報の記事をご覧ください。

※当サイトはあくまでいちファンが運営している非公式個人サイトです。チケットやキャストに関するお問い合わせは、各オフィシャル関連へお願いいたします。

役者さん名の横の記号はそれぞれ、これまでのふし遊舞台の出演歴を記しています。
 ☆新:今回初配役、※1st:2010年の舞台出演、※朱:2011年の朱雀編出演、※青:2012年の青龍編出演

【朱雀の巫女と七星士】

  • 夕城 美朱(ゆうき みあか) ⇒ 田中 れいな(たなか れいな) ☆新

  • 鬼宿(たまほめ) ⇒ 平野 良(ひらの りょう) ※1st※朱※青

  • 星宿(ほとほり) ⇒ 前山 剛久(まえやま たかひさ) ☆新

  • 柳宿(ぬりこ) ⇒ 宮地 真緒(みやじ まお) ※1st※朱※青

  • 井宿(ちちり) ⇒ 橘 龍丸(たちばな たつまる) ☆新

  • 翼宿(たすき) ⇒  小谷 嘉一(こたに よしかず) ※青

  • 軫宿(みつかけ) ⇒ 滝川 英治(たきがわ えいじ) ☆新

  • 張宿(ちりこ) ⇒ 富田 大樹(とみだ だいき) ※1st※朱※青

【青龍の巫女と七星士】

  • 本郷 唯(ほんごう ゆい) ⇒ ?

  • 心宿(なかご) ⇒ 寿里(じゅり) ※1st※朱※青

  • 亢宿(あみぼし) ⇒ 服部 翼(はっとり つばさ) ☆新

【現実世界】

  • 夕城 奎介(ゆうき けいすけ) ⇒ ?

  • 梶原 哲也(かじわら てつや) ⇒ ?

【その他】

  • 太一君(たいいつくん) ⇒ ?

  • 攻児(こうじ) ⇒ ?

  • 少華(しょうか) ⇒ 栗生 みな(くりゅう みな) ☆新

  • 睿俔(えいけん) ⇒ 我 善導(われ ぜんどう) ☆新

唯ちゃんのキャストがわからないのが気になりますね…(青龍ファン)
また情報入り次第、追記していこうと思います。

ミュージカル『ふしぎ遊戯~朱ノ章~』公演情報

このページでは、ミュージカル『ふしぎ遊戯~朱ノ章~』の公演情報を見易くまとめた記事です。
情報を確認次第、随時更新していきます。
ただし、管理人多忙の為、情報を確認してもすぐに更新できないことが多々ありますので、最新の情報・詳細な情報は、amipro公式HP ミュージカル『ふしぎ遊戯~朱ノ章~』や公式Twitter等をご確認ください。

※当サイトはあくまでいちファンが運営している私設ファンサイトです。チケットやキャストに関するお問い合わせは、各オフィシャル関連へお願いいたします。


  • タイトル:ミュージカル『ふしぎ遊戯~朱ノ章~』
    (2部作の前編。後編のタイトルは不明。蒼ノ章?)
  • 公演日程:2016年4月8日(金)~4月17日(日) ※全15公演予定
    ☆マチネ 13:30~、★ソワレ 18:30~
    4/8(金)  ☆★
    4/9(土)  ☆★
    4/10(日) ☆★
    4/11(月) ★
    4/12(火) ★
    4/13(水) ★
    4/14(木) ★
    4/15(金) ☆★
    4/16(土) ☆★
    4/17(日) ☆
  • 場所:あうるすぽっと(池袋)
    豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F
  • アクセス:東池袋駅(東京メトロ有楽町線)6・7出口直結
    (他、JR池袋駅(東口)より徒歩10分、東池袋四丁目駅(都電荒川線)より徒歩2分、都営バス等でも行けます)
  • 公演時間:不明
  • チケット:8,000円(全席指定・前売り)
    • 先行販売(抽選)
      • 第1次:2015年12月19日(土)10時~12月24日(木)
      • 第2次:2016年1月9日(土)~1月18日(月)
    • チケット予約方法
      インターネット http://www.cnplayguide.com/amitike/
      電話予約 0570-08-9999(10:00~18:00)
  • 脚本・演出:吉谷光太郎さん
  • 企画・製作:amipro
  • キャスト ⇒ ミュージカル『ふしぎ遊戯~朱ノ章~』キャスト一覧 に掲載しています

ミュージカル『ふしぎ遊戯~朱ノ章~』公演が決定!

舞台「ふしぎ遊戯」がミュージカルになって帰って来る!?
2016年4月8日(金)~4月17日(日)池袋のあうるすぽっとで、ミュージカル『ふしぎ遊戯~朱ノ章~』の公演が発表されました!
全15公演で、今回は2部作の前編になります。
 
2010年に中野ポケットで舞台「ふしぎ遊戯」、
2011年に新宿シアターサンモールで舞台「ふしぎ遊戯~朱雀編~」、
2012年に銀座・博品館劇場で舞台「ふしぎ遊戯~青龍編~」
をプロデュースしたamiproが、今度はミュージカルに挑戦。
 
キャストは、前作の青龍編の続投として、
鬼宿:平野良さん、心宿:寿里さん、柳宿:宮地真緒さん、翼宿:小谷嘉一さん、張宿:富田大樹さん
その他は、新キャスト。
主人公の美朱役は、元・モーニング娘。の田中れいなさん。
 
現在発表されているチケットの販売は、
インターネットもしくは電話予約による先行販売で、
  • 第1次先行販売が、2015年12月19日(土)~12月24日(木)
  • 第2次先行販売が、2016年1月9日(土)~1月18日(月)
とのことです。いずれも抽選となります。
<関連記事>

3/19-29 ネルケプランニングの舞台「ふしぎ遊戯」公演決定!


来る2015年3月19日~29日に、舞台「ふしぎ遊戯」の公演が決定しました!

主演はゴールデンボンバーの喜矢武 豊さん。
ネルケプランニング制作の今回の舞台は、原作の主人公・美朱の相手役、朱雀七星士の鬼宿の視点から物語を描いているとのことです。

<舞台概要>

  • タイトル:舞台「ふしぎ遊戯」
  • 公演日:2015年3月19日(木)~29日(日) 全1816回公演
    • 3月19日(木)19:00
    • 3月20日(金)14:00(追加公演)/19:00
    • 3月21日(土)13:00/18:00
    • 3月22日(日)13:00/18:00
    • 3月23日(月)19:00
    • 3月24日(火)休演日
    • 3月25日(水)14:00/19:00
    • 3月26日(木)14:00/19:00
    • 3月27日(金)14:00(追加公演)/19:00
    • 3月28日(土)13:00/18:00
    • 3月29日(日)13:00/18:00
      ※開演1時間前にロビー開場、開演30分前に客席開場とのことです。
  • 場所:品川プリンスホテル クラブex(東京都港区高輪4-10-30 品川プリンスホテル アネックスタワー3F クラブex)
    →円形劇場とのことです!
    *3/29(日)18時 大千秋楽のみ 全国の映画館でライブビューイング実施
  • アクセス:品川駅高輪口より徒歩5分(JR東海道新幹線・山手線・京浜東北線・横須賀線、京急線)
  • 公演時間:1時間40分(休憩無し)予定
  • 脚本:うえの けいこさん【Twitter/Blog】
  • 演出:奥村 直義(おくむら なおよし)さん[BQMAP]【Twitter/公式HP
  • 制作:ネルケプランニング アプル
  • 主催:ネルケプランニング ユークリッド・エージェンシー
  • 公演に関する問合せ:ネルケプランニング 03-3715-5706(平日11:00~18:00)

▲戻る

<チケットについて>

  • 全席指定(約460席)
  • 1Fアリーナ席 (プレミアム特典付き):9,000円(税込)
    • プレミアム特典:プレミアムクリアファイル & プレミアムポストカード4枚セット(非売品)
      • クリアファイル(表面:喜矢武豊さん)
      • ポストカード4枚セット(うち1枚:喜矢武豊さん)
  • 1Fベンチシート7,000円(税込)
  • 2Fバルコニー席7,000円(税込)
  • ライブビューイング(3/29(日)18時の回のみ全国の映画館にて):3,600円(税込)

【舞台「ふしぎ遊戯」オフィシャルホームページ先行抽選発売】

  • 1Fアリーナ(プレミアム特典付き)のみ
  • 先行受付:2月14日(土)12:00~2月16日(月)18:00
  • 発売先:funity(株式会社EVENTIFY)
  • 申込受付URL:https://www.funity.jp/fusigi-hp
  • 抽選結果発表・入金期間:2月20日(金)15:00~2月22日(日)23:59
  • 制限枚数:各公演1人2枚まで複数公演の申込みはOK

【一般発売】

  • 発売日:2月28日(土)10:00~
  • 発売先:ローソンチケット・e+(イープラス)
  • 制限枚数:各公演1人2枚まで複数公演の申込みはOK

【追加発売】

  • 発売日:【先行抽選】3月4日(水)12:00~3月5日(木)23:59
    【一般】3月15日(日)10:00~
  • 発売先:funity(株式会社EVENTIFY)
  • 申込受付URL:https://www.funity.jp/fusigi-hp
  • 制限枚数:各公演1人2枚まで複数公演の申込みはOK

【ライブビューイング】

  • 発売日:【先行抽選】3月6日(金)12:00~3月10日(火)23:59
    【一般】3月19日(木)12:00~3月27日(金)12:00
  • 発売先:e+(イープラス)
  • 制限枚数:各公演1人2枚まで複数会場の申込みはOK
    ※会場等の詳細はライブ・ビューイング「ふしぎ遊戯」公式HPをご確認ください。
  • 注意事項
    • 未就学児は入場不可とのことです。
    • 先行販売は抽選です。先着順ではありません。
    • チケットに関するお問合せは、サイレン・エンタープライズ 03-3447-8822(平日12:00~18:00)まで。
      車椅子の方はチケット購入後、事前にご連絡くださいとのことです。

▲戻る

<キャスト一覧表>

  • 朱雀の巫女と朱雀七星士
    • 鬼宿(たまほめ)役:喜矢武 豊(きゃん ゆたか)さん[ゴールデンボンバー]【Twitter/Blog
    • 夕城 美朱(ゆうき みあか)役:伊藤 梨沙子(いとう りさこ)さん【Twitter/Blog
    • 星宿(ほとほり)役:山本 一慶(やまもと いっけい)さん【Twitter/Blog
    • 柳宿(ぬりこ)役:染谷 俊之(そめや としゆき)さん【Twitter/Blog
    • 井宿(ちちり)役:古川 裕太(こがわ ゆうた)さん【Twitter/Blog
    • 翼宿(たすき)役:碕 理人(さき まさと)さん【Twitter/Blog
    • 軫宿(みつかけ)役:広瀬 友祐(ひろせ ゆうすけ)さん【Twitter/Blog
    • 張宿(ちりこ)役:未来(みらい)さん【Twitter/Blog】
  • 青龍の巫女と青龍七星士
    • 本郷 唯(ほんごうゆい)役:伊藤 菜実子(いとう なみこ)さん[BQMAP]【Twitter/Blog
    • 心宿(なかご)役:吉岡 佑(よしおか ゆう)さん【Twitter/Blog
    • 亢宿(あみぼし)役:澤田 怜央(さわだ れお)さん【Twitter/Blog】
  • その他:アンサンブル?(本人確認が取れていないものもあり、一部推測の情報もございます)
    • 遠藤 誠(えんどう まこと)さん[JAE]【Twitter/Blog】
    • 小笠原 竜哉(おがさわら たつや)さん[JAE]【Twitter/Blog】
    • 立花 拓也(たちばな たくや)さん[BQMAP]【Twitter/Blog
    • 前堂 友昭(まえどう ともあき)さん【Twitter/Blog】
    • 湯浅 雅恭(ゆあさ まさゆき)さん[JAE]【Twitter/Blog】
    • 渡邊 太喜(わたなべ だいき)さん【Twitter/Blog

▲戻る

<関連商品発売情報>

  • 【7/1(水)発売予定】舞台『ふしぎ遊戯』DVD:7,020円(税込)+送料600円
    …劇場予約販売、Web予約販売(3/19(木)15:00~4/5(日)23:59、ネルケオンラインショップシルクロードストア
  • 公演パンフレット:1,600円(税込)
  • 2枚組ブロマイドセット:各種300円(税込)
    (鬼宿、美朱、星宿、柳宿、翼宿、井宿、張宿、軫宿、亢宿、心宿) ※全種類購入で特典あり
  • クリアファイル 2種(A:集合ver./B:鬼宿ver.):各500円(税込)
  • B2ポスター 2種(A:集合ver./B:鬼宿ver.):各600円(税込)
  • フォトフェイスタオル(鬼宿):2,000円(税込)
  • 不織布バッグ:500円(税込)
  • ガチャ:500円(税込)/回
    キャラクターの缶バッジ2個セット、木札ストラップ、携帯クリーナーキーホルダー。当たりが出るとキャストチェキあり。

※商品についての詳しい情報は舞台「ふしぎ遊戯」公式HPでご確認ください。

▲戻る

【公式HPほか】

【情報掲載・参考記事】

『ふしぎ遊戯再舞台化&白虎読み切り!』(渡瀬悠宇公式ブログ「日月の聲」)
『ふしぎ遊戯 舞 台 化 !』我ノ花 渡瀬悠宇OMスタッフブログ)
『え、主演っすか?』(ゴールデンボンバー 喜矢武豊ブログ)
「ふしぎ遊戯」鬼宿目線で舞台化、主演はゴールデンボンバー喜矢武豊(コミックナタリー)
ゴールデンボンバー喜矢武豊、初舞台「ふしぎ遊戯」で“まさか”の主演(ナタリー-Yahoo!ニュース )
金爆・喜矢武豊、舞台初主演にも脱力感たっぷり 「え、主演っすか?」(RBB TODAY- Yahoo!ニュース)
金爆・喜矢武豊、主演舞台『ふしぎ遊戯』上演決定! 鬼宿役で初舞台に挑む(クランクイン!- Yahoo!ニュース)
<金爆・喜矢武豊>初舞台で初主演 人気マンガ「ふしぎ遊戯」が原作(まんたんウェブ- Yahoo!ニュース)
金爆の喜屋武が初舞台「え、主演っすか?」(日刊スポーツ- Yahoo!ニュース)
金爆・喜矢武豊「ふしぎ遊戯」で舞台初主演!(シネマトゥデイ- Yahoo!ニュース)
少女マンガ『ふしぎ遊戯』舞台化 主役・鬼宿はゴールデンボンバー喜矢武豊さん(はてなニュース- Yahoo!ニュース)

▲戻る

続きを読む 3/19-29 ネルケプランニングの舞台「ふしぎ遊戯」公演決定!

FC40周年記念企画 空前絶後の複製原画展レポート

行って来ました!
渡瀬悠宇先生の「ふしぎ遊戯」はじめ、歴代の小学館少女漫画を支えてきた、フラワーコミックス作家さん総勢24名による複製原画展
その名も「FC40周年記念企画 空前絶後のトークショー&サイン会&複製原画展」!!
改めて、スゴイ名前ですねー…でも、きっと空前絶後なんでしょうね!(笑)
イベントについての詳しい詳細は、渡瀬悠宇最新情報の「FC40周年イベント『複製原画展』が開催されます!」をご覧ください。

さて、当日のイベントの模様を写真を交えつつ簡単にレポしたいと思います♪
複製原画展の行きたてホヤホヤの感想は、渡瀬悠宇ファンラジオ「遊話」第3回配信でも語っています。こちらも宜しければお聴きくださいね♪

朝9時。JR武蔵野線で越谷レイクタウン駅に到着。
改札を出ると、すぐ右手にイオンレイクタウンの入口がババーンとありました。

イオンレイクタウン到着!
イオンレイクタウン到着!

思った以上に近い!
これまで東京近郊のアウトレット(海浜幕張・入間などなど)行って来ましたが、ここまで近いのは初めてでちょっと驚きました。
そして、予想通りのだだっ広いショッピングモール。これは場所に苦労しそうだ…。

と思ったのですが、どうやらイオンレイクタウンはkazeとmoriの2つに建物が分かれているらしく、この目の前の入口がkazeと知った時は「これはすぐに会場では!」と小躍りしました♪

が……

行けども行けどもそれらしき会場は見つからず(^^;
しようがないので、近くのフロアマップを拝借したところ、どうやらkazeの建物の一番奥に翼の広場はあるようでした。
そんなに甘くないですね、はい。

複製原画展の案内図が!
複製原画展の案内図が!

ようやく案内看板を見つけてちょっと安心したのも束の間。

お!会場が見えてきました
お!会場が見えてきました

あっという間に会場に着きました!わかりますか、下の階に看板とギャラリーが立ってますよ!

とうちゃーく!
とうちゃーく!

で、到着。はー・・・なんか着いたところで感動してもう既に満足しちゃっています。
いやいや、本番はこれからこれから・・・

2014-09-21 09.10.24
複製とはいえ原画展で撮影OKなんて珍しいですよね?

お、嬉しいですね!写真撮影OKとは!それじゃ、遠慮なく撮影させてもらいまーす!

さて、渡瀬悠宇先生はどこかなー・・・

渡瀬悠宇先生…?
渡瀬悠宇先生…?

え・・・?入口真ん前!?早い、早過ぎるよ!まだ1分も歩いていないよお母さん←

会場に足を踏み入れた瞬間、既に目標物を発見してしまい、正直戸惑いました。

だって入口入った瞬間

渡瀬悠宇先生
渡瀬悠宇先生

ででーん。

こんなですよ?もうどうしようって感じですよ。

と、とりあえず、1枚ずつじっくりとー・・・

右上

見ます

右下

視ます

左上
左上

観ます

左下
左下

みます~~~

もうね、複製原画だけどテンションあがりましたよ!
やっぱり額にこうして飾ってあるとなんかたぎりますね。

そして、キャプションの横にはQRコードがあり、玄武開伝の試読みページが現れるようになっていました。
もう既にコミックスも電子書籍も持っているので私は試しませんでしたが…これをキッカケにふし遊に興味を持ってもらって、同志が増えたら嬉しいナァなんて思っています。

更に!この展示されていた複製原画に渡瀬先生の直筆サイン入りで抽選販売もしているとな!
これはファンにはたまらないですね・・・ホント・・・
会場内で抽選販売の受付をしていました(^^)

ちょうど私が行った日に何人かのフォロワーさんも行かれる予定だとのことで(なかには複製原画展だけではなく、北川みゆき先生のトークショー&サイン会も当たってイベントに参加されるという方も!)、ご挨拶くらいはできるかなーと踏んでいたのですが、急遽昼前から用事が入ってしまい、結局どなたともお逢いできず・・・(/_;)
便乗してプチオフ会もできればと思っていたのですが、残念です。

でもまたこんな機会ありますよね!と公式さんに期待しつつ簡単な報告レポといたします。

あ、唯一の良かったことといえば、朝っぱらから行ったお蔭で、展示会場がめっちゃ空いていました。
会場内にお客1人になった時もあるくらい(笑)
まぁそんな中で写真も撮り放題だったので、他の作家さんの展示も全て撮ってきました。
少コミ買っていた時期に読んでいた漫画の原画も沢山あって、なんだかとっても懐かしくなりましたヨ♪
末尾にギャラリーあげておきますね~!

※帰るお昼前頃は展示会場も結構混雑していました。きっと昼過ぎや夕方頃はもっと混んでいたんだろうなぁーと思います。行かれた、皆さん、いかがでしたか?

【ACE2013】らじかん公開録音レポート

行ってきました!らじかん公録!

3/23のTVアニメ「アラタカンガタリ~革神語~」特別先行試写会に外れてショックを受けた3/11。
せめてこっちは当たって欲しいなぁーと願っていたところ、3/15に当選メールが!
正確には、まず初めに「落選メール」を確認し、そのあと「当選メール」を確認しました。
そう、チケット2枚買っていたんです。どちらか当たれば…2枚当たればあわよくば誰かと…という計画だったのですが、前者でした。

元々イベント内容はアニメの公式サイトで告知されていたので、恐らくアラカンファンと出演声優ファンの応募者がいっぱいいた模様。
後ほど書かせていただきますが、公録でも●通応募があったって言ってましたね。

で、当日は結局1人でメッセに赴きました。
意外にも自分の周りでACEに行った方って少なかったのかな?あんまり感想など見かけませんでした。
前の週に東京国際アニメフェアがあり、24日にアラカンのステージ(制作者の方々の制作裏話)があったので、それも行きたかったのですが、直前にわかったことなのでスケジュールの都合がつかず。
ACEの公録とはまた趣が違って、こちらも観覧したかったです。残念。

さて、前置きが長くなりましたが、ここから公開録音の模様を記憶にある範囲+主観でお届けします!
4/5らじかん放送のネタバレも含まれておりますので(というか9割ネタバレしかない)、番組聴くまで見ないでおきたいという方は、こっから下の記事、放送後にご覧ください。

 

続きを読む 【ACE2013】らじかん公開録音レポート

【ACE2013】アラタカンガタリステージ レポート

2013年3月31日(日)、ANIME CONTENTS EXPO2013で開催された、アラタカンガタリステージのレポートをお届けします!

ステージは2種類あり、事前チケット購入+当選者のみ参加のWHITEステージイベント(らじかん公開録音)と、来場者であれば誰でも観覧できるサテライトブースのスペシャルステージイベントがありました。

運良くどちらも参加できたので、それぞれについて、レポ書きたいと思います。
(とはいえ、カナリ記憶が曖昧なところもありますので予めご了承ください…)

【ANIME CONTENS EXPO 2013 概要】

  • イベント名:アニメコンテンツエキスポ2013(略称ACE2013)
  • 開催日:2013年3月30日(土)~31日(日)
  • 時間:9:00~17:00(入場は16:30迄)
  • 場所:幕張メッセ 国際展示場 展示ホール1~5
  • 入場料:1,500円(ステージ応募権付先行販売、一般販売、当日販売有)
    ※3歳以上有料
  • 公式サイト: http://www.animecontentsexpo.jp

YuuCafe営業日誌(5)閉店~解散

(1)集合~開店まで

(2)開店~ティータイム

(3)イベントタイム

(4)バータイム~閉店

(5)閉店~解散

<< 22:00 >>

閉店後は、スタッフ全員で後片付けです。
私は精算支払があるので、皆が片付けている間、必死にノートPCでオーダー集計作業をしていたわけですが……結局、精算は後日で良いという話になり、途中から私も片付けに参加しました。

……が。

本当は23時までに撤収完了しなければならなかったのに、思いの外、物に溢れていて(準備の段階から薄々勘付いてはいましたが…)、結局片付け終わったのは23時半過ぎ(^^;
スペースをおかりしたトリオンプの方には、本当にご迷惑をお掛けしましたm(_;)m
また、スタッフの終電もギリギリで、全員でしっかり締める余裕もないまま、帰宅困難者から順次解散…という流れに。

宅急便の荷物も、開店時はお店着にしていましたが、閉店時は集荷も終わってしまっていたので、皆で書籍の入った段ボール箱を担いで、近くのコンビニまで走りました。

こういうとき、車(+運転手)があると助かるよなぁー…と思います。
都内で車持ちってなかなかいないからね、レンタカーか……私、無免許さんですがw

私に限らずスタッフ皆、あがる頃にはヘトヘトでした。
でも、確実に朝よりは仲良くなっていたと思います♪
私自身も、当日初めて会う方がおり、手伝ってもらうものの、どうなることやらと初めは心配でしたが、そんな思いは杞憂に終わりました。
皆さん、流石スタッフ志願(!?)してくれただけあって、私が何も言わずとも、心遣いも臨機応変さも持ち合わせていて本当に助かりました!
公の場で身内褒めるってアレなんですが、このメンバーでYuuCafeができて良かった!と思っています。
そして、色んなところに書いている気がしますが、このご縁を大切に、また何かの形でスタッフをしてくれた皆とは再会できれば嬉しいです。
打ち上げもできていないしね(笑)

また、巫女様、大王におかれましては、お待たせしたり、色々気になる点があったことと思います。
その点については、主催のつめの甘さが招いたことですので、本当に申し訳ありませんでした。

ただ、立場は違えども、こうして渡瀬悠宇先生の作品を好きだという方が、1つの場所に集まり、同じ時間を共有できたことは、私の大切な思い出の1つとなりました。
皆様、YuuCafeに興味をお持ちになり、お忙しい中足を運んで下さいまして、本当にありがとうございました!
スタッフ皆で用意したYuuCafe、楽しんでいただけたらなら幸いです。
また、お仕事や翌日のオンリーの準備でお忙しい中、ご挨拶にいらしたY様、同じく予定があり体調も悪い中、顔を出して下さったH様(差し入れもありがとうございました><)、YuuCafeを気にかけて下さりありがとうございました。

結びに……

mixi日記の方にはちょくちょく書いてはいたのですが、今回YuuCafeというカフェイベントを開くことになったのは、6年半前、私自身が渡瀬悠宇先生にお逢いしたことがキッカケでした。
ふしぎ遊戯の雑誌「渡瀬悠宇パーフェクトワールド」のドリーム企画で、渡瀬先生とファン6人がお茶会をするというものだったのですが、そのお茶会に参加したことで、渡瀬先生とその作品をもっと好きになり、そして先生の作品が好きな方ともっと知り合いたいと思うようになりました。
同時に、将来は渡瀬先生の作品好きが集まるカフェ「YuuCafe」が開きたいなと、当時学生だった自分は、夢物語ながらもそんなことを考えていました。

やがて時が経ち、昨年からふしぎ遊戯オンリーイベントが復活し、第2回の開催が決まったと知った時、開くなら今しかないと思ったのです。
私自身、来年自分がどうなっているかわからない身の上というのもありますし、先の大震災のように、私に限らず皆様が来年どのような状況なのか想像が付きません。
あの日あの場所で開催したからこそ、このスタッフが集まって沢山の素敵なお客様に出逢えた…今はそう思っています。
もちろん、都合が悪くてお越しになれなかった方もいらっしゃると思います。
準備を進めていたスタッフの中にも、当日くしくもお店に来れない者もおりました。
けれども、YuuCafeというカフェを知って下さって、当日まで応援して下さったり、手伝ってくれたり、見守って下さったということも含めて、私は「出逢い」だと思っております。

これからも、年齢性別をこえて、「渡瀬悠宇先生」作品ファンの方々と沢山出逢って、お付き合いしていきたいです。
YuuCafeは、あくまでそのツールの1つでしかありません。

好きなことを語るとき、やっぱり共感してくれる相手が欲しいですよね?
それは、親・兄弟や恋人でもいいと思います。学校の友達でも良いと思います。
でも、好きなことを同じくらい好きだと言ってくれる人と話したら、より深く充実した気持ちになれますよね。
もっと話したいとか、もっと聴きたいとか。感動も二重に三重に広がると思います。
ふしぎ遊戯やアラタカンガタリ、櫻狩りなど、渡瀬先生の作品を好きだという方には、是非そんな話ができる人を沢山見つけていただきたいと、勝手ながら願っております。
私はこの10年で、沢山見つけました。もちろん、これからも見つけるつもりです!

「渡瀬悠宇先生の作品好きが集まるカフェ」はかなたの自己満から始まりましたが、結果的に、私以外の人にも少しでも得るものがあったとしたら、それが何よりもの褒め言葉です(^^)
私自身は、自分が沢山の人に支えられて生きているんだと改めて実感する機会になりましたし、これまであまり関われなかった方とお近付きになることもできました。
また、新しい出逢いもありました。不覚にも、色々後で思い出し泣いたり(あ、嬉し涙ですからね!)することもありました。

YuuCafeを知って下さった全ての方へ……私のユートピアにお付き合い下さり、本当に本当に感謝しています!

そして、このようないちファンの企画に対して、温かく見守って下さり、そればかりか、より一層盛り上げ気遣って下さった、渡瀬悠宇先生とスタッフの方には言葉にし尽せないほどの感謝の気持ちで一杯です。
ご多忙の中、ファンの気持ちに応えて下さり、本当にありがとうございました!!

それでは、長くなりましたが、これにてYuuCafe営業日誌を末筆とさせていただきます。
(あとでちょこちょこ修正加えたり加筆したりする可能性大ですがー…おおもとはこれで完了です!まとまりが無く読みづらい文章でスミマセンでした(^^;)

今までYuuCafeをご支援して下さり、誠にありがとうございました!

今後とも、夏涛かなた及びYuuCafeスタッフをよろしくお願いいたしますm(_)m

YuuCafeスタッフ(五十音順) 梧萌芽、akko、天野まこと、あゆみ、きみ、朱赤、たかの、たもちょろ、鳴海、ひぎり、ヒナゲシ、ゆっこ

YuuCafeオーナー 夏涛かなた

YuuCafe営業日誌(4)バータイム~閉店

(1)集合~開店まで

(2)開店~ティータイム

(3)イベントタイム

(4)バータイム~閉店

<< 18:00 >>

バータイムは18時半からでしたが、夜はオフ会プラン(チャージ料をいただき、18~22時までゆっくりできる)のご予約がありましたので、名残惜しいですが、18時にはイベントタイムの巫女様ともお別れして夜の準備を始めました。

18時からオフ会プランをご利用下さった井宿オフ会では、井宿話に華を咲かせる素敵な集まりで、事前準備から幹事のN様とはやり取りをさせていただきました。
パーテーションの件など準備に手間取り、その節はご心配お掛けしました。

<< 18:30 >>

井宿オフ会の時間には、せっかくだからとBGMのリクエストもいただき、乾杯を合図に以下のラインナップで井宿ソングをお届けしました♪

  • 花鳥風月
  • おちゃのこさいさい変幻自在
  • 上場気分高揚
  • MIZUKAGAMI
  • めっちゃハジけてガッツ飛ばして
  • 青い自由。白い望み。

まさに、YuuCafeの存在意義が感じられた瞬間です(笑)

井宿オフ会で思い出しましたが、狙ってもいないのに、なぜかティータイムは青龍(双子中心)スキーのご予約が集中し、イベントタイムはアラカン好きが固まりバータイムは井宿オフ会と、何か同じ嗜好の方が集まっていたのが嬉しかったです。
勿論、元々お知り合い同士の方もいらっしゃいましたが、たまたま隣のテーブルの方と同じキャラクターや作品が好きだったり、翌日のふし遊オンリーイベントでコスプレをする同志だったりと、共通点を見つけて仲良くなって下さるのを見るのが、何よりも楽しいのです

また、スタッフについても、巫女様と同じいち渡瀬先生ファンに変わりはありませんから、YuuCafeを機に良い出逢いを見つけてくれたら良いナァーと思っておりましたので、スタッフをすることで色んな方とお知り合いになってくれていたら、それも主催としてこの上もない幸せです。

<< 19:00 >>

さて、また話が脱線しましたが、バータイムはご予約の巫女様、それと当日来店の巫女様もいらっしゃいました。
この頃にはスタッフも仕事に慣れて、各々写真を撮ったり休憩する余裕も出てきたようで、私も少しホッとしました。
本当に、朝から晩まで働きっぱなしですからね、皆…。

staffrest

夜はお酒の注文も入り、巫女様も陽気に談笑されて、大人のバータイムをお楽しみいただけましたでしょうか(笑)
Blue eyes…blueの注文が多かったのは、予想通りというか何というか…途中スピーカーの調子が悪くて、「Blue eyes…blue」の曲を主張できなかったのが残念でなりません。

あと、めっちゃハジけてガッツとばしてコーラも。本当は、オーダー持って行くときかかる仕様になってました(^^;
(対応できたときとできなかったときがあり、失礼しました…そして、二つの鼓動~フォンダンショコラ&バニラアイス~については、「二つの鼓動」を流す気すらありませんでした(爆))

ティータイムの時から見られた光景なのですが、皆さん、メニュー表やディスプレイを写真に撮って下さったり、思い思いにYuuCafeの時間を楽しんで下さっていたのが印象的でした。

barcounter
何の気兼ねもなく、ヲタク話に華を咲かせてくれたのなら幸いです☆

<< 20:00 >>

 さて、気が付けば夜のオンラインイベントの時間が差し迫っている…!

onlineevent

昼間のオンラインイベントのリベンジを…と、夜はちゃんと、PC席の前でスタンバッて、無事20時から開催することができました。
会場をアメーバピグのお部屋にするか、ピグライフのお庭にするか迷ったのですが、アメーバピグのお部屋の方がリアクションの種類も多いし(購入していれば)、両方使った経験からすると、ピグライフの方が重くかたまりやすかった記憶があるので、前者を会場に選びました。

また、お昼に蒼磨様からプレゼントをいただいていたので、有難く頂戴しお部屋で待機していると、5名様ほどの渡瀬先生ファンの方とお話する機会に恵まれました!

onlineevent2

ちなみに、途中、何人かスタッフが入れ替わって話してますw

本当は長いこと話していたかったのですが、リアルYuuCafeの方もラストオーダーの時間が近付き、片付けで忙しくなってきたので、少し席を外して、そのまま帰らぬ人に(^^;
(オンライン上はいるのですが、操作していないのでずっと寝ている状態でした…)
予定ではリアルカフェ閉店の22時までいるハズだったのですけどね…やっぱり難しかったです。

そして、後ほど知ったことなのですが、お昼の蒼磨様のみならず、YuuCafe閉店後に正崇も現れたそうですね!
……というか、正崇の中に入っていらした方が、まさかのまさかのあの方だったなんてΣ( ̄□ ̄;!!
そりゃ、お話していた方も、後で知ってさぞ驚かれたことでしょう。(詳しくはご本人のアメーバなうで)
YuuCafeは、夏コミのときに我ノ花ブースでスタッフさんにチラシをお渡ししたり、先日、渡瀬先生がブログで書いて下さったりと、大変有難いことに、ご存知ではあったワケですが…

この忙しい合間をぬってファンサービスして下さったこと、心より感謝申し上げます。
強いていうなれば、私も参加したかった!(笑)

時間的に、ちょうどお店の精算や片付けをしていた頃でしたので、私は全くお逢いすることができなかったのですがー……なんと!差し入れに幕の内弁当を下さっていました(≧▽≦)
本日、お土産のクッキー1枚以外何も食べていなかったので、有難く頂戴致しました(笑)

また、私はお話しすることができませんでしたが、先ほどオンラインイベントでお話された方がその後も残っていらしゃって、正崇との会話や写真撮影を楽しまれたそうです。
勝手ですが、その時のお写真拝借してしまいました!

onlineevent

うーん、羨ましい(*>▽<*)

オンラインイベントについては、事前告知をしていたとはいえ、詳細は直前のお知らせになってしまい、皆様来てくれるかなと心配だったのですが、こちらでも、リアルYuuCafe同様素敵な出逢いを見つけていらっしゃれば嬉しいなと思います。
オンラインYuuCafeについては、特にフォローもできず申し訳ありませんでしたが、オンラインイベントは今後も企画しようと考えておりますので、是非またのお越しをお待ちしております(^^)

<< 21:30 >>

そうこうしている間に、閉店のお時間が近付いて参りました。

本当は夜通し語り合いたい心持ちですが← 翌日のふし遊オンリーが本番の方もいらっしゃいますし(巫女様もスタッフも…)、22時には締めなければいけないので、名残惜しいですが、皆様また明日とお別れです。
一応ティータイム、バータイムについては万遍無く巫女様とお話したつもりですが、立場上長話はできなかったので、翌日のオンリーで話せばいいや、という気持ちでした。
(けれども、翌日とんでもない事態になってしまうのですが…それはまた別の話)

<< 22:00 >>

全ての巫女様、大王が旅立たれました。
残すは後片付けです!

(5)閉店~解散

YuuCafe営業日誌(3)イベントタイム

(1)集合~開店まで

(2)開店~ティータイム

(3)イベントタイム

<< 15:30 >>

さて、ティータイムの片付けも忙しない中、次はイベントタイムの準備に取り掛かります。
当初は16時からゲームを始めるつもりでしたが、当日はやはりバタバタして、かなり遅くのスタートになってしまいました。
2時間しかないので、とにかく巻いて進めようと色々無茶を言いましたが、皆様何とか付いてきて下さりその節はお世話になりました。

イベントタイムでは、一部のスタッフも回答側にまわる関係で、ネタばらししないように準備するのが大変でした。
いや、ネタばらし以前に、内容を決めるのが大変でした(^^;
最終的に、私の独断と偏見で、当日その場で決めたことが50%位で、正直、運営スタッフも戸惑ったこと請け合いです。

進行としては…
【挨拶・自己紹介→ゲーム→お疲れ様お茶会→ノベルティプレゼント】
という流れでした。
本当は進行の最後に集合写真撮影も入っていたのですが、時間の関係で割愛。
今思えば、せっかくのイベントだったので思い出に1枚位撮っておけば良かったナァー(/_;)と少し反省もしております。
集合写真1枚あれば、次回お逢いしたときにすぐ思い出せますからねー(そんな理由!?)
スタッフの誰かも言ってましたが、実はスタッフの集合写真すら1枚もありませんからね!
まぁスタッフについては、労いの機会すら設けられなかったので、いつか落ち着いた頃にでも、お疲れ様会ができればなーと個人的には思っています。
(今回、スタッフは3分の1が西日本から来ているので、日程調整するのが大変だとは思いますが…)

具体的なゲームの内容についてですが、

  1. 宝探しゲーム
    (景品:YuuCafe特製チロルチョコ45個入 1箱)
  2. 古今東西渡瀬悠宇ゲーム
    (罰ゲーム:ガトヤで●●を叫ぶorムロヤで●●を叫ぶ&YuuCafe缶バッチプレゼント)
  3. クイズゲーム
    (景品:YuuCafeギャラリーイラストポストカード)
  4. お絵描きゲーム
    (罰ゲーム:忘却草の汁)

ゲームのタイトルはその場で咄嗟に発言したので、既に記憶にありません(爆)
なので、↑のタイトルは、案ベースの時のタイトルを書かせていただいています。
案は決まっていたのですが、お題の中味などは、実は殆どその場で決めました…あのグダグダ感から薄々勘付いていたと思われますが(^^;
ティータイムの時間に仕事片手間に必至でお題決めてたんですが、結局、進行中に全然違うお題口走ったりもしました。懺悔します。

まず、ゲームの前の挨拶・自己紹介ですが、さあ、イベントの内容が決定しきってないこの中途半端な状況で、どうやったら皆さんが参加しやすいだろうか……と内心焦りまくっておりまして、たまたま目に付いたスタッフの鳴海さんが、某嵐の(全然某の意味無い)執事姿に影響され、当日執事スタイルを準備してきていたのを見て、「これはもしかしてもしかしなくても、ポジション的に、私は上に立たなければいけないのでは…?」と勝手に解釈し、即興で何かエラソーになりました(爆)←デフォルトはものっそい小心者です
更に、丁度良いところに女王のイスっぽいのもありましたが、流石に秘女王気取りは暗殺されるので、間違ってもその椅子に座ることはできませんでした。←やっぱり根本はビビり
その時の自分を空奉鏡に映したら、おそらくプルプル震えている小動物が映ったことでしょう(爆)
とりあえず、ゲーム直前に即興で決めた設定とやら(既に他人事)では、「運営スタッフ」と「参加スタッフ」で地位が分かれていて、どうやら運営スタッフの方が上の位にいるので、皆、私たち(運営スタッフ)の言う事は聞いてよね、という非常に傲慢且つ身勝手なルールでした(苦笑)
お客様を巫女様とか言っておきながら、命令する謎の運営スタッフ(肩書きは謎)。
完全に後先考えていないことバレバレです(^^;
ただ、ここで下手に出たら、何かに負ける(何にだ!?) とその時は思っていて、とにかくゴーイングマイウェイ(さながら何も考えず猪突猛進な角宿のように…)でいかせてもらいました。
心の中はもう、「隙を見せたらやられちまう このディステニー(横文字わからないので片仮名で失礼)」状態でした。

前置きが長くなりましたが、そんな感じでゲームがスタートしたものですから、常に慇懃無礼な感じで進めてしまい、その節は巫女様に多大なる無礼を働きました。
申し訳ございません。

1.宝探しゲーム

イベントタイムのゲームは、基本チーム戦で行いました。
一緒に来店したご友人+スタッフ1名が付く、という感じで、カウンターのみお初同士(お知り合いもいたようですが)で組んでいただきました。
全部で6チーム。お蔭様で席は殆ど埋まり、運営する側としても、非常にやりやすい環境でした。あとは内容さえちゃんと固まっていれば…
まず、はじめのゲームは、YuuCafe来店者様全員に差し上げている「特製チロルチョコ」の絵柄を探すゲームでした。
絵柄は全部で6種類。

CA393340

こちらの絵柄が、店内のどこかに隠れており、それをより多く見付けたチームが勝ち…という内容でした。
制限時間は曲が一曲終わるまで。
選曲は、当初「Heartにキラ星さかしたれ!」にする予定だったのですが、何だかわからないうちに、「Never Get Away」になっていました。(いや、自分で選んだんだろ)
マークを見つけたら、配布したYuuCafeノートに作品・キャラ名と見つけた場所を書いてもらいました。
すぐ見つかってしまうかなと思って、できるだけ難易度の高いところにシールを貼ったのですが、別の意味で難易度が高かったようです(^^;

貼った場所は以下の通りです。

  • ニョゼカ(ありす19th)→メニュー表
  • たま(ふしぎ遊戯)→テーブルナンバーの裏
  • コクリ(イマドキ!)→本棚(カウンター席からだとパーテーションが邪魔して見えない)
  • テコ(アラタカンガタリ~革神語~)→鳴海さんの服
  • ジュン(マジカル・ナン)→かなたのエプロン(スタッフ証のバッヂがずれて完全に隠れてました…)
  • 壁宿(ふしぎ遊戯 玄武開伝)→受付の花束のビニール部分(ビニールが平行で、座ったままだと見えない)

「席を立つな」というルールを作ってしまったが故、幾つか本気で見えない場所に貼ってしまったようで…しょっぱなから考え無しですみませんでしたm(_;)m
最高正解数が2つって…どんだけ難易度高いんだよって感じですよね(^^;
それでも、何とか2つ見つけ出して下さった「斎木家」チームには、探して下さったチロルチョコを1箱丸々プレゼントしました!
(3名いらっしゃったので、皆で分け分けしてくれたかな)

2.古今東西渡瀬悠宇ゲーム

本当は「しりとり」とかにしようかなと思ったのですが、しりとりだと知識量ありきになったり、すぐに詰まったりしそうだったので、できるだけ皆さん全員に参加していただけるゲームを…と思って、「古今東西ゲーム」を合コンゲームから(!?)お借りしました。

気になるお題ですがー…

  • 地名
  • 笑顔が可愛い人

でいきました。
勿論、渡瀬悠宇先生作品縛りです。
2番目なんて無茶ぶり過ぎますが、見事素で間違えてくれた空気を読むスタッフがいたので(笑)どちらも無事適度なところで終わりました。

さて、こちらのゲームはプレゼントではなく、罰ゲームを用意しました。
その名も

「ガトヤで●●を叫ぶ!」か「ムロヤで○○を叫ぶ!」

です。
これは、ちゃんと案段階でありましたので悪しからず。
これはチーム戦なので、古今東西で詰まった方のいるチームの中から1人罪人を出し、ガトヤかムロヤに連れて行きます(というテイで)。
で、ガトヤを選んだ方には●●を皆さんの前で叫んで罪を許してもらい、ムロヤを選んだ方には○○を叫んで同じく罪を償います。
その●●と○○は、直前になるまで知らされません。

ということで、まず初めにつまづいたのは、先ほどチロルをゲットした斎木家チーム。
どうやら先ほど別の方が言った「ミツハメ」をもう一度言ってしまったようです。
さて、収監される罪人ですがー…つまづいた方の罪を肩代わりして、別の方がムロヤに行ってくれました。
友情ですねぇ(/▽;)←連れて行った張本人が言う台詞か

罪人が決まったところで、○○の発表です。巫女様に叫んでいただく償いの言葉は…

「ムロヤで名ゼリフを叫ぶ!」

でした\(^o^)/
ここで、巫女様は少し躊躇いがちながらも、しっかりと

「顕れたまえ!」

と叫んでいただきました。はい、ご苦労様でした~

続いてのお題は、“笑顔が可愛い人”
皆さん笑顔が全然ソーゾーつかない人などもあげられて、これは私への当てつけかとも思いましたが(爆)、まぁそれはスルーしまして…ミツハメチームのところで異変が!

ヒルハ「ミツハメ!」

……ミツハメは人ではありません。

スタッフのヒルハが、諮ったかのように、天然間違えをしてくれました(笑)
しかもさっきのお題もミツハメでドボンだったよーな……皆さんどんだけミツハメ好きなんだww
いや、ヒルハの中の人(ヒナゲシさん)はヨルナミ(ミツハメ領主)好きですからね、きっと頭の中ヨルナミで一杯だったんでしょう(ってことにしておきましょう)。
そもそも、“笑顔が可愛い人”って言ったら、そりゃ、あなた(ヒルハ)自身ですから!何で自分の名前言わなかったの(笑)

さて、見事罠にかかってくれた(私も罠に嵌めたつもりありませんが、勝手に罠にかかってくれましたw)、ヒルハのいるミツハメチームからは、スタッフを庇うように巫女様が罪人として出て下さいました。
皆さん、お優しいのね…←だから当事者のお前が言うな

罪人が決まったところで、今度はガトヤの●●の発表です。
巫女様に叫んでいただく償いの言葉は…

「ガトヤで好きなキャラへの愛を叫ぶ!」

でした\(^o^)/
巫女様、一瞬「しまったーΣ( ̄□ ̄;!!」って顔しましたね。
もう後戻りはできませんよ。フフフ←誰

ということで、巫女様には公衆の面前で、最愛の方への愛を叫んでいただきましたvv
これは恥ずかしかったでしょう。少なくとも私は無理です←それをやらせる悪魔

この後お2人は、無事、ガトヤとムロヤから解放されたのでした。めでたしめでたし。(意外とアッサリと)

ちなみに、後で復讐されると困るのでw晒し者になってしまったお二方には、YuuCafeオリジナル缶バッチを記念に差し上げました☆

3.クイズゲーム

続いては、チーム戦ではなく、個人戦のクイズゲームでした。
クイズに正解した方にはYuuCafeギャラリーに展示しているイラスト執筆者様のご協力で、イラストのポストカードをプレゼントしました。
クイズの内容、その場で決めたので既に忘れかけてるんですが(爆)出題者が答えをわかってないという体たらくでホントすいません(汗)
出題順は曖昧ですがクイズの内容は以下の通りです。

  • 鬼宿には何人弟妹がいる?
    • (1)2人 (2)3人 (3)4人
  • 星宿は紅南国の第何代皇帝でしょうか?
    • (1)3代 (2)4代 (3)5代
  • この中で、四神天地書から出てきたことがないのは誰?
    • (1)角宿 (2)亢宿 (3)心宿
  • 多喜子が「生まれた」のは大正時代。○か×か
  • 玄武開伝の舞台は西暦何年?
    • (1)1913年 (2)1923年 (3)1933年
  • 革は中学時代何部だった?
    • (1)陸上部 (2)野球部 (3)テニス部
  • 渡瀬先生のデビュー作は?
    • (1)「パジャマでおじゃま」 (2)「パジャマで迷宮」 (3)「ミントでkiss me」

すみません、クイズは全て、某運営スタッフさんに頼り切りでした(^^;
直前の相談にも関わらず、多種の問題を取り揃えてくれてありがとうございます。
あの時期、色んなことに頭使い過ぎて、クイズまで頭回ってませんでした…本当に助かりました!

挙手制、基本私が回答者を当てる…という流れで進めていき、誰もわからなかった場合などは参加スタッフが回答者になることもありました。
そんな感じで、見事皆さん一発正解でポストカードをゲット。
最後は、玄武開伝の西暦の問題で、一気に5人正解者を出し全てポストカードを配り終えました。

4.お絵描きゲーム

最後は再びチーム戦、それも景品ではなく罰ゲームありきのゲームです。
罰ゲームの内容を最初に言うハズが言いそびれ、てゲーム中に暴露するという目茶苦茶な進行でしたが、皆さん必死でチャレンジして下さったのが印象深いです。

ゲームの内容は、私が出題したお題のキャラクターを各チームの代表者が制限時間以内に描き、チームの仲間がキャラクター名を当てる…というもの。
もし当たらなかったチームは……忘却草の汁を飲んでもらう手筈になっておりました。
当初は、キャラクターではなく、有名なシーンを描いてもらおうと思って企画していたのですが、やはり難易度が高いだろうということで、急遽ゲームを進行しながらお題になりそうなキャラクターを考えていたのは、今となっては笑い話です。

さて、お絵描きのお題に選んだキャラクターは以下の6キャラクターです。

  • 鬼宿
  • 井宿
  • 心宿
  • 女宿
  • 壁宿
  • たま
  • テムダン

明らかに1キャラ不公平なのが混じっていますが(爆)これも時の運、1チーム位は罰ゲームの瀬戸際に立たせたかったが故です。←だから容赦ないって

代表者は、じゃんけんで勝った順に好きな数字を選び、その数字に割り振られたキャラクターを描いてもらうことに。
最後のゲームということで、制限時間は「ときめきの導火線」。
皆さん急き立てられながら、スラスラと段ボールに絵を仕上げて下さいました。
代表者以外の方にも絵を描く過程が見えるよう、各チームのスタッフが壁代わりに段ボールを縦に持っての共同ゲームでした。

曲が終わったところで、順番に回答→正解発表。
最後のチームのテムダンが心配なところでしたが、無事、ご友人の巫女様と意思疎通できたようで、全チーム正解で終わらせることができました!

気になる画伯のお絵描きはこちら↓
006005
004003
002001
※プライバシーの問題から、どのチームの巫女様・大王が描いたなどのご紹介は差し控えさせていただきます。

皆さんあの短時間で資料無しに、更に空中でよく特徴つかんで描いて下さったと思います。
残念ながらこちらの絵は皆様のお手元には残らないので、せめて記念にこちらで控えめに(笑)載せておきますね。

結局……全チーム正解、ということで、折角用意した忘却草の汁はおあずけです。
ちょっとザンネ…いやいやっ良かったですね!
しょうがないので、忘却草の汁は、後日私が人生に疲れた時に飲んで、洗いざらい嫌なことを忘れようと思います←

さて、あっという間に2時間近く経ちまして、イベントタイムをお開きにしようと思ったのですが、皆さんゲームのお蔭で殆ど話せなかった&食べられなかったと思うので、最後は少しの時間ですが労いの意味を込めまして簡単なお茶菓子を出してのフリータイムにさせていただきました。
ここではスタッフにも休んでもらいたかったのですがー…やはりそうもいかず。
特に、キッチンのスタッフには入店時に飛んでいたお食事のオーダーを急いで作らせてしまう羽目になってしまい、忙しい思いをさせてしまいました(^^;
ゲーム進行中に作ってもらうよう指示しておけば良かったと、これは切実に反省しています。
また、巫女様におかれましても、お腹を空かせていたであろうに、お運びするのが大変遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

今回やってみて、よーく分かったことは「何でも詰め込み過ぎたらあかん」ということ。
イベントタイムに然り、オンラインイベントに然り、やりたいことはボリューム一杯沢山あるけれども、限られた時間と人数とスペースの中で、できることは限られているし、1つ1つのことを丁寧に扱いたいならば、取捨選択が必要だよな、と痛感しました。
何事も欲張り過ぎはいかんね。
ということで、もし来年何かをやるのであれば、その時は何か1つのことをもっと丁寧に企画できればなと思っています。
いや、決してYuuCafeが雑だったわけではないですからね(^^;
YuuCafeは色々と盛り沢山だったので、次はもう少し内容を絞ろうという意味です。
今回、あんなに沢山の企画を回せたのは、本当に沢山のスタッフが手伝ってくれたというのが大きいです。
なので、ある意味このメンバーがいてくれたからこそ実現できたイベントなのかなとも思います。

あー…なんか、まだイベントタイムのレポートなのに、締めの話をし出してしまったので、一旦切りますねw

(4)バータイム~閉店

(5)閉店~解散