アーカイブ ‘ 2010年 8月

【途中】ふしぎ遊戯オンリーイベント「ときめきの導火線」感想

大変お待たせしましたが、2010年6月27日(日)綿商会館で行われた、ふしぎ遊戯オンリーイベント「ときめきの導火線」の感想と当日の行動記録を記します。

前日の悠宇カラPARTYレポで燃え尽きた感があったので、実は1か月前位から書き出してたのにこんな時期に公開となってしまいました(^^;

流行遅れもイイところですが、宜しければご覧ください。

ちなみに私、夏涛かなたは、皆さんへ既に周知の通り、友人・梧萌芽さん(以下、萌芽)のブース「ARCADIA」で、売り子をさせていただきました!

胸きゅん2のときから、ふし遊オンリーイベントでは4連続皆勤賞売り子としても知られています(# ̄- ̄#)

そして、いつも我が物顔でグッズ売りさばくのがもはや名物となっております(爆)

当日の動き

詳細を見る

悠宇カラPARTY vol.1報告レポート

<イベント概要>

ふしぎ遊戯の歌(略してふし遊ソング)オンリーのカラオケイベント。「悠宇カラ発信地」の企画。

  • 悠宇カラPARTY vl.1

 

<イベントレポート>

 

なお、参加者の方のホームページやブログでもレポートをご覧いただけますので、宜しければご訪問ください♪

<参加者>(順不同)

総括という名の反省文(悠宇カラPARTY vol.1報告レポ)

さて、公式なオフレポは前回で終了しましたが、ココからは私自身のイベント主催の上での反省点を綴ります。
これが次回以降の戒めにできれば…次回があればの話ですが(^^;
以下反省文、気付いたことなど箇条書きです。

  • 大部屋じゃない方が良かったかも。
    (お互いの席が離れ過ぎていて話しかけづらい)

  • もっと余裕をもったスケジュールを組むべき。
    (きつきつなのは承知の上で決行したが、それにしても余裕が無かった)

  • 企画は1人でしたとしても、他の人に甘えて予め手伝いをお願いしておくべき。
    (当日に気が付いた人が色々やってくれたため)

  • やっぱり、従来どおり、レストランでお昼→カラオケの方がスムーズだと実感
    (理由:カラオケだけで解散すると、歌を歌ったり聴くことはできるけど、話す時間がない)
    →改善案。お昼1時間半くらい。カラオケ2時間くらい。これでいかがでしょう?

  • 今回、私自身が後に予定が詰まっていて朱赤ちゃんに終了後フォローして二次会してもらったので何とか皆話せたみたい。

  • あと、ふし遊ソングで縛ったんですが、全曲知らない方もいらしたので、今後やるとしたら縛って良いものか…というのも気になった。
    →改善案2。ふし遊部屋とよろづ部屋を作る。
     参加者がふし遊好きというのは基本にして、ふし遊ソングを歌いたい方はふし遊部屋へ。
     よろづ部屋はふし遊ソングでもそれ以外のアニソン・J-POP等でもOKという感じで。
     2つの部屋は隣同士にして行き来自由にする。(確か5年前のオフ会は、どちらもよろづで2部屋に分かれてた記憶が)   

  • イベント準備の達成率50パーセント…準備不足。

  • 今回は「イベント」っぽくやったため、「カラオケ」っぽい気軽さが無かった。どちらが良いか事前に参加希望者にヒアリング必要。
    何を目的の会にするか、イマイチ定まらなかった気がする。

  • イベント的にするのであれば、主催しつつ歌もフルに参加するというのは、カナリ無理がある。

  • 参加者の連絡先を確認するのギリギリ過ぎた。   etc…

 

この他にも色々思うことはありましたが、また思い出したらコッソリ書き加えていくと思います(爆)

私にとっては反省だらけのイベントでしたが、参加者の方が皆さん温かい方々だったので、かなり救われたところがあります。

ふし遊好きに悪い人はいないと、昔から呪文のように言い続けておりますが、今回も例にもれず、でした。

主催者として、参加者の皆様に少しでも楽しい思い出を作っていただければということで開催したのですが、空回りすることも多々あり、皆様を白けさせてしまったのではないかと心配する場面が幾度となくありました。

そういうとき、色々フォローしていただいたり、ねぎらいの言葉をかけていただいたことが本当にありがたかったです。

お陰で精神的ドツボにはまらず任務を遂行できました(><)

また、老若男女さまざまな方にご参加いただきましたが、皆様素敵な方ばかりでした。

これからも、イベント開催有無にかかわらず、ふし遊ファンの方々との繋がりを大事にしていきたいなと思います。もちろん私もいちふし遊ファンとして。

それでは、悠宇カラPARTY vol.1の公開レポートはこれで終了です。

あとは、参加者の方向けにメッセージ&写真を近日中にパスワード公開する予定です。

参加者の方には、大変遅くなりましたが、御礼のご挨拶とともにご連絡差し上げますので、もうしばらくお待ちくださいね。

それでは、おやすみなさい。

保護中: イベント参加者の皆様へ

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

悠宇カラPARTY終了後記(悠宇カラPARTY vol.1報告レポ)

「ときめきの導火線」終了後、私の方から軽く締めの挨拶をし、ただちに撤収作業。

あ、でも集合写真撮っておかないと!ということで、店員さんを呼び出し集合写真撮影。

総勢10名。

当初は最大25名で考えてましたが、これくらいが収集ついて丁度イイかもしれない…と実際やってみて感じました(^^;

写真については、明日のオンリーイベントにいらっしゃる方には今晩プリントして差し上げるつもりでしたが、行けない方にはどうしよっかなーと思っていたところ…そんな心配は無用ということが後ほどわかりました。

というのも、オンリーイベント参加予定ではなかった方も、その後の会合?で、結局参加することになったからなんです(笑)

つまり、今日悠宇カラPARTYに参加された方は、もれなく明日のオンリーにもやってくる、と( ̄^ ̄*)

もともと、オンリー参加者に便乗して企画したイベントでしたが、オンリー参加者以外の方も参加してくださり、しかも、今日参加されたのをキッカケにオンリーに足を運ぶことになったというのは、何だか嬉しいことですね(^^)

前日祭としての役割が果たせた気がして、ちょっと達成感です(笑)

 

さて、長きにわたった3時間カラオケは無事お開きとなったワケですが……

なんだか皆さん、まだまだ名残惜しいような消化しきれていない感じ。

本当は、引き続き2次会とか企画したかったのですが、私自身がこの後外せない用事が入っており、私主催のイベントは、とりあえず締めさせていただきました。

幸い、朱赤ちゃんが2次会を取りまとめてくれたようで、私以外の参加者さんは皆行かれたようです(^^)

用事のある私以外は誰ひとり帰らなかったということにも、少し嬉しい気持ちになりました。

というか、私も参加したかったよ!!

皆のレポート読んでると、その後、ふし遊トークやらグッズやらが出てきて、ドラゴン●ール大会になったとか。

羨まし過ぎるっっ。(><)。

2次会の詳細については、私以外の参加者の方のサイトなりブログなりを見ていただければ、楽しい時間が垣間見えると思います。

嗚呼、参加できなかった人の気持ちってこんななんだ…というのを、主催ながら身をもって実感しました。

とうの私はというと……夕方から結婚パーティーがあったので(もちろん私のではな・い・で・す!)、急いで御茶ノ水駅へ……行くはずが、天性の美貌(by乙女爛漫)…ではなく、天性の方向音痴によって、来た道と90°違う道を進む始末

2次会参加の皆に誘導されつつ駅に向かいました(爆)

しばらく進んだところで、再びトラブル発生!

カラオケ音源のCD、デッキに入れっぱなしだ( ̄◇ ̄;!!

第四章の「切なくても~」「めっちゃ~」「青い自由~」で使った持参CDを、カラオケルームのCDデッキに入れたまま店を出たことに気が付きました。

電車乗る前だったからある意味良かったっちゃ良かったんですが……

ということで、再び引き返す私

途中、道路の向かいのカラオケ館前に、2次会参加の皆の姿が見え、すっごぃ気まずそうな顔をしつつ歩を進めました。

これからドレスに着替えるっていうのに、ヘアセットしたっていうのに、もう汗だらだら髪ボロボロでした(苦笑)

パセラに戻って来たら、幸か不幸かまだ次のお客さんは入ってなかったようで、そそくさとCDを回収しにいきましたとさ。

別に…やいたCD-Rだし、手元に戻って来なくても一向に構わないのですが、入ってる曲的に、お店の人や次来たお客さんに聞かれたくないと焦っていた私は往生際悪いですか?(爆)

もうあれだけ部屋の中でふし遊ソング流れてて今更って感じなんですが、隠れヲタクとしてはそういうとこチキンなんです(--;

後で「CD忘れてましたよ」って、お店の人に曲確認されてから電話かかってくるのも嫌だったし…。

とにかく!無駄な運動はしてしまいましたが、無事回収できて良かったです。

あれほど、帰る前に「忘れ物はしないでくださいね~!」と口をすっぱくした私が忘れるという、漫画のようなオチでした。

なにか…解散してから駅に向かうまでが、この日一番疲れた時間でした(苦笑)

CDを取り戻した私は再び駅へ。

皆、カラ館に入ったのかなーと思って、帰りはカラ館の前を通ってみたのですが、姿を発見できず。

もう入室したのかと思っていたのですが、お店を通り過ぎたところで見覚えのある面々が。

どうやらお店がいっぱいだったみたいです。

その後、別のカラオケで落ち着いたみたいですが、私はここの通りで今度こそお別れしました。

たった3時間のイベントでしたが、準備期間など含め、皆さんとふし遊カラオケを通じて親密になれたこと、嬉しく思います。

実際のところ、イベント中は殆どお話する時間が無くて、正直、私が個々に会話をしたのは片手で数えるくらいなんですが(^^;

今回のイベントは《お付き合いの始まり》と割り切って、今後とも仲良くしていただければ幸いです。

ご参加いただいた皆様、この度はお忙しい中ご参加くださいまして、本当にありがとうございました!

それでは、オフレポはこれにて終了♪ですが、反省文が多々ありますので、それは仕切り直しで書きたいと思います。

ということで……

→【総括という名の反省文】へ続く

第二部 第四章 何でもアリ篇(悠宇カラPARTY vol.1報告レポ)

[note]<歌った曲>

  • 夜が明ける前に(萌芽)
  • 乙女爛漫ayumiちゃん)
  • Promise Love(たかのちゃん)
  • P.S.愛って永遠ですか?(朱赤ちゃん)
  • 紅い伝承ayumiちゃん)
  • 切なくてもずっと…(萌芽)
  • めっちゃハジけて、ガッツとばしてSHSK
  • 青い自由。白い望み。(かなた&たかのちゃん)
  • ときめきの導火線(みんな)

[/note]

いよいよパーティーも最終章。

最終章では、もうネタも尽きていたので「何でもアリ」編に(爆)

各自、好きな歌を好きなように歌うというスタンスでいきました。

気になる残り時間ですが、なんだかんだと押していたスケジュールも、何とかちょうど良い頃合いに締められそうで安心しました。

まずはじめに、先ほどの「第参章 朱雀VS青龍篇」で闘った朱・青の勝敗の結果を発表すべく、みなもん・うさちゃん・どもほさんにスタンバッてもらっている間、第四章の1曲目を歌っていただきました。

実際は歌始まる前にもう決まっていたみたいですが(笑)

詳細を見る

Calendar

2010年8月
« 7月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031