第一部 第弐章 主題歌・挿入歌篇(悠宇カラPARTY vol.1報告レポ)


[note]<歌った曲>

  • 透明なHANEみーつけた!(萌芽)
  • Winner(サエコちゃん)
  • わかっていたはず(ayumiちゃん)
  • 夢かもしれない(かなた)
  • Discovery (朱雀さん)

[/note]

第弐章では、主題歌やイメージソングをかためてみました。

そういえば、皆さんにプログラムを渡したとき、朱赤ちゃんに「これ、殆どはじまりが萌芽さん縛りですよね?」と突っ込まれまして……

特に意識したつもりは無かったのですが、ここから、第参章、第四章と、なぜかトップバッターが萌芽になってます(爆)

第壱章も2番目だったし…特に深い意味はありません(^^;

たまたま組んだら最初になっただけだからね、萌芽。

それと、プログラムで思い出しましたが、漫画のような失敗をしてしまいました…

自分の分を数えるの忘れたというやつです(苦笑)

私が曲入れるのに、私がプログラム持ってないって最悪ですね(--;

メールにも送ったので、携帯見ればわかるんですが、いちいち確認するのも面倒なので、萌芽に貸して(一時返却?)もらいました。

さて、第弐章の時点で、既にランチバイキングの終了30分前。

このままだと第弐章が終わった時点で飲み物が取りに行けない( ̄~ ̄;と思い、苦肉の策に出ました。

それはこの後の曲別コメントでご覧ください…

  

「透明なHANEみーつけた!」

佐藤朱美さん(「いとおしい人のために」でお馴染み)の歌う、ふし遊のイメージソングです。

萌芽が歌ってくれました。

思えばふし遊ってイメージソング多かったよね。

間を持たせるために「これってどこかアニメで使われてたっけ?」とか聴いちゃって御免なさい(^^;

佐藤朱美さんはこの他にもいっぱいイメージソング歌ってますね。

TVアニメ放送してた頃に「いとおしい人のために」というタイトルのアルバムを出していたのが記憶に懐かしいです。

ふし遊CDに入ってない曲もあったのかなー…ちょっと気になる。

(今ネットで調べたところ、タイトル自体が「いとおしい人のために―「ふしぎ遊戯の世界と共に」―」だったので、特にオリジナルはありませんでした)

萌芽の声は優しいから、佐藤朱美さんの歌はとても良く合っていると常々思います(^^)

  

  

「Winner」

続いて、佐藤朱美さんとは歌い方が対称的な今野由加里さん(「ときめきの導火線」でお馴染み)の歌うTVアニメの挿入歌を、サエコちゃんが熱唱!

サエコちゃんは、こういう歌い込む系の曲がすごく似合いますねー。

声量があるからかな。

Winnerは、ふし遊のアニメシーンで何度となくBGMに使われた曲だけど、確か現実世界で心宿と闘う前辺りに、新宿の大画面液晶で(もしや●ルタ前?)、歌手が歌っていた記憶があり…まさにそんな感じ。(どんな感じだ)

迫力あるっていうかね。

私の中で、この章のプログラム順は間違ってなかったと思います(* ̄^ ̄*)

しっとり→ハッキリ→しっとり…みたいな(笑)

  

  

「わかっていたはず」

「いとおしい人のために」と「ときめきの導火線」が対になるならば、やはり「Winner」の対は「わかっていたはず」でしょう!

ということで、同じくふし遊TVアニメの挿入歌をayumiちゃんに歌っていただきました。

この曲もカナリBGM使用率高いですよねー。

そして、私が好きな歌BEST3に入ります。

皆、自分の得意な歌をわかっているのか(笑)この歌も、ayumiちゃんの雰囲気にピッタリの曲でした。

と、初対面なのに分かったふりをするワタシ(爆)

  

  

「夢かもしれない」

さて、ここで休憩に入りました(爆)

そう、先ほど書いた「苦肉の策」とは、私のターンで(ターンとかいうとRPGみたいですが)、皆に最後の食事を取って来てもらうことだったのです。

正直、この歌は苦し紛れに選曲した歌だったし(しかも、ずっと「明日の私を信じたい」が入ってると思って、それにするつもりだったのに、実は入ってなくて急遽入れ替えた曲だったりw)、第二部EDということで、なんかタイミング的にも退出しやすいかなってv(カナリこじつけ)

でも、私は歌いたいので(爆)皆さんが聴いてよーと聴いてなかろーと、遠慮なく歌わせていただきました( ̄ー ̄*)

ここら辺、性格現れますよね…マイペースなところが。

しかも萌芽にお茶持って来て~とか使ってるし(爆)

明日のオンリーで、今日してもらった分はキチンとお返しするからね(><)と心の中で謝りながらですけど。

でも、「皆さんラストスパートなのでさっさと取ってきてください~!」と言ったにも関わらず、その場に留まっていただいた方もいらっしゃって、ホント恐縮です(^^;

今回の企画では色々見えてきたものがあったので、次回はもっと気兼ねなく、そして腹持ちを気にせず過ごせるようにしたいナァと思います。

色々書くと長くなるので、詳しくは後日反省文にて!

ちなみに「夢かもしれない」は原曲では私の喉が潰れるので(汗)-2で歌わせていただきました!

  

  

「Discovery 」

皆さんに、最後のお食事を持って来ていただいた後、仕切り直しで第弐章トリを朱雀さんに歌っていただきました。

あ、食事は追加オーダーできるのですが、やはり皆さん気を遣われたのか、オーダーする方はいらっしゃいませんでした(^^;

残り1時間半で皆さんが干乾びないかちょっと心配でしたが…

さて、「Discovery」は、ふし遊のゲームの主題歌。

鬼宿役の宮野真守さんが、アーティストとして歌ってらした曲です。

この歌をチョイスするくらいだからゲーム結構やってらっしゃるんですか?と朱雀さんに聞いてみたところ、ゲーム自体を持って来てました!(笑)

朱赤ちゃんといい、朱雀さんといい、皆さん準備がよろしいようでv

私も何かネタになるもの持って来れば良かったんだけど…そこまで気が回りませんでした(^^;

っていっても、何も面白いもの持ってないよな…あ、青龍ラバーが多かったし、渡瀬先生お茶会のときの直筆角宿絵でも持っていけば良かった!!…あれ?でも昔オンリーで持って行ったっけ?…もう昔のこと過ぎて記憶が曖昧です(苦笑)

ところで、今だから言うんですが…実は私、この歌歌えないんです(爆)

カラオケイベント主催しときながら歌えないとはけしからん!というお怒りはご最もなんですが…詰まるところ、ゲームは一度しかクリアしたことがなくてですね…この歌もゲームのEDで一度聴いたっきりなのです。

せっかく歌ってくださる朱雀さんの前で、とてもじゃないけど言えませんでした。

それでも何とかついてこうと、朱雀さんに合わせて口づさんではみましたが(^^;

歌自体は素敵な曲でしたので、次はこんな失態しないようにゲームやりこまないとですね(笑)

   

   

そんなこんなで第一部は終了しました~。

が、先ほどランチバイキング終了時間の関係で、第弐章を中断したため、引き続き休憩を挟まず第二部へ進ませていただきました。

ということで、

  

→【第二部 第参章 朱雀VS青龍篇】へ続く