昨晩のTwitterでの発言について

[`evernote` not found]

昨晩何気なく呟いたことが珍しく感情的だったからか、何だか色んな方に読んでいただいたようで…ありがとうございます。いや、深夜とはいえ、見られるのを前提に書いてはいたのですが、予想以上に反応があり、ちょっとドキドキちょっとアセアセちょっとソワソワ…(あ、反応と言っても、叩かれたりしたわけではございませんのでご安心を(笑))
そして、発言しておきながら未だに言葉が整理できていないモヤモヤ。何かまだしっくりこないなー…という感じ。

そうなんです。何を隠そう(とうにバレてる?)私は自分の気持ちや意見を言うのが大変苦手です。
ファンサイトで創作や感想ではなく情報更新がメインなのも、仕事で司会業がメインなのも、多分自分の意見を出すことができないが故の所業です。

仕事もプライベートも自分の意志より公平性や建設的な意見を優先する為、そのうち自分の意見や感情がなんなのかよくわからなくなってしまうことがあります。
未だにどんな人ともいつかわかりあえるだろうと思ってしまうし、常に中立の立場を取ってしまう。

皆が悪く言う人がいた時は、その人の方に否があったとしてもつい擁護したくなってしまう性分です。だから結構周りとは足並み揃えられないことが多く、煙たがられます。(良く言えば博愛主義者、悪く言えば八方美人の優柔不断です)

もっと自分の気持ちに正直に生きられればなーとは常々思ってはいるのですが、小学生ぐらいからずっとこんな感じで生きてきてしまっているので、今はこれが私なんだと受け入れて生きています。
昨日、革が悪いことは悪いとハッキリ言ってしまうと書いたのも、あとで読み返して?と思い、本当にそうだったっけ…?と自問自答。恐らくあの時ああ書いたのは表面上の意味ではなくて、別のニュアンスがあったんだろうけど、それも今や思い出せません(^^;あ、多分あれかな。「力で降す」ということに嫌悪感を示していたところだろうと思われます。「話し合えば何とかー…!」っていう甘い考えが私と非常によく似ています。私には門脇というリミッターがいないので、成長前の革止まりですが。
そんなわけで、言うたび書くたび矛盾している気がするので、こういうことは迂闊に書くものでは無いなと感じた次第です。少なくとも私は、こうして擁護する呟きをするたび更に墓穴を掘っていく…。

結局のところ、革というキャラクターについて上手く説明できないのですが、はじめ裏切られるのが怖いから人を信じられなかったところ、自分を信じてくれる人(コトハ・秘女王)の為にがんばろうとするところなど共感できる部分は多々あります。

でも、これは私に限らず多くの読者の方はそう思っているんじゃないかな?
信じてもらうということは、その人の気持ちを預かるわけだからプレッシャーもあるけれど、それだけ力にもなると思うし。

そう考えると革ってごく普通の男の子で、だから私に限らず革に重ね合せてしまう人は他にも沢山いる気がしています。

というのが最終的な結論…です。前置きが長くてスミマセン。。。

普段は「誰々に似ている~」というようなことはあまり発言しないのですが、発言したからには責任を持たねばと色々と思いを巡らし書いてしまいました!(が、相変わらず考えがまとまらない…)

Total:
Today:Yesterday:

アーカイブ

Facebookページ